英語勉強

audibleで英語の学習を初心者がするなら【効果的な方法はこんな感じ】

audibleって英語の学習に便利ですよね。

初心者でも聞けるオーディオブックが豊富なので。

 

ともみろく
ともみろく
そこで今回は、audibleで英語の学習法(初心者に効果的なやり方)を伝えます

 

当ブログ運営者は、英語の通訳案内士です。

30代から国内で英語をやり直し、後に国家資格を取得しました。

その経験をもとに、誰でも気軽にできる学習法を発信中です。

audibleで英語の学習を初心者がするなら【効果的な方法はこんな感じ】

audibleで初心者が英語学習をするなら、ということで、具体的な活用法を伝えていきます。

オーディオブックって気軽に使え便利だけど、つい「聞くだけ」で終わったりしませんか。

そんなリスクを避けるためには?下記の聞き方がおすすめです。

初心者の本の選び方

まず初めに、聞く本(オーディオブック)の選び方ですが、「何を学ぶか」ハッキリと目的意識を持って選ぶとよいですよ。

初心者の英語学習といっても、「文法」「単語」「リスニング」「発音」「例文」など、必要な学習は人それぞれです。

当ブログの考え方として

・英語の基礎を学びたい初心者なら「語学学習」のカテゴリーから
・リスニングで耳を鍛えたい初心者なら「洋書」のカテゴリーから

音声を選ぶのが効果的だと思います。

文法を意識して聞く

だけど「語学学習」「洋書」といっても、「その中から何を選べばいいの?」と初心者のあなたは、迷ってしまうかもしれません。

そこでもし、文法を意識しながらオーディオブックを聞きたいなら、『改訂版 もっとやさしい起きてから寝るまで英語表現600』がおすすめです。

このオーディオブック、短い英語できれいな例文を聞くことができます。

3~4語で作る簡潔表現ながら基礎文法(中学1~2年レベル)による文が数多くあるので。

日常ですぐに役立つ言い方を、中学英語で学べる点でとても優れていると思います。

使える例文も学べる

こんな風にaudibleでは、文法のみならず英語の「使える表現」も学ぶことができます。

音で聞くため、文の型だけでなく、英語の発音まで体感できるところも大きな魅力です。

初心者の英語でも使える例文ということで、先にお伝えした『改訂版 もっとやさしい起きてから寝るまで英語表現600』がとても役に立ちます。

なお、音声学習で定着のコツといえば、「同じ教材を何度もくり返し聞くこと」ですよね。

このオーディオブックなら「文法」を踏まえた短い「例文」をいくつも聞けます。

日本語の音声(対応する訳)も合わせて聞くことができ、その点も使いやすいです。

単語の勉強を音声で

ところで初心者向けのaudibleを探している方の中には、「単語を音声学習したい人」もいるかもしれません。

「単語を覚える」というと「ひたすら書き写して丸暗記」みたいな苦しいイメージですが、音声学習なら他のことをしつつ流し聞きが可能です。

手や腕を痛めて、消耗する必要もありませんね。

何より「発音まで一緒に学べる」ところが、嬉しいと思いませんか。

単語学習をする場合、おすすめの方法は2パターンです。

・日本語を交えながら単語を覚えたい場合、「日本で出版された学習書
・英語だけで単語を覚えたい場合、「英語圏で出版された学習書

で使い分けるとよいと思います。

具体的には

・国内向けのオーディオブックだと『ユメタン0日英版音声
・海外向けのオーディオブックだと『Polished pronunciation practice

がおすすめですが、あなたなら、どちらが使いやすいでしょうか。

発音のお手本にする

audibleで英語学習というと、「発音のお手本にできる」のも、オーディオブックならではの良さかと思います。

文字だけの勉強だと、どうしても弱くなりがちな「ネイティブ音声」を体感できるためです。

発音を学ぶには、ネイティブの音声を聞いて真似るのが一番の近道ということで、先におすすめしたオーディオブックは全て「発音学習」にも活用できます。

やり方は簡単でaudibleで英語を聞きながら、意味が取れる音を、そっくり声に出して追いかけるだけです。

初心者で一から発音練習するなら『英語発音エクササイズ』がおすすめです。

もしも「聞き取れない音」「意味が分からない単語」に気づいたら、つど調べることで、語学力は徐々に上がっていきます。

「初心者が音だけで聞き取れない語彙を判別できるのか?」とあなたは心配かもしれないけれど、大丈夫ですよ。

この記事でおすすめするオーディオブックは基本的に全て初心者でも分かる音声ばかりです。(それでいて新しいことも学べます。)

初心者がaudibleの英語で学習できること【リスニングを通した勉強法】

初心者がaudibleの英語で学習できることをお伝えしています。

リスニングによる勉強ということで、紙の本では実現しにくい効果を得られるところが最大の強みです。

リスニング力を磨く

audibleで英語学習をしたい初心者の中には、リスニングを鍛えたい人もいるかもしれません。

オーディオブックは「耳で聞く本」のため、リスニングに便利ですね。

このリスニング、「さあリスニングするぞ」と意識して行う場合と「別の学習が意図せずリスニングを兼ねていた」無意識の場合の2通りがあると思います。

audibleでは「文法学習」にせよ「単語学習」にせよ、いずれも音を通した読書のため、図らずもリスニングになるのが嬉しいところです。

音で読解力を上げる

「音声を聞いて理解する」ということは、すなわち「話の内容を把握する」ということで、読解力を鍛える練習にもなります。

基本は文字を用いない学習ですが、最終的に「文字で書かれた本」を読むための読解力にも繋がるわけで、オーディオブックの効果は意外とあなどれません。

いずれは英語の長文も読みこなしたいけれど、今はまだ英文を読むのがキツイ。

と感じるなら、まずは音声学習から英語に触れていくのも手だと思います。

本物の英語に触れる

またaudibleはアメリカに本社を置く会社ということで、ネイティブ音声が聞けるタイトルも多種多様ですよね。

日本で出版された学習書の音声教材も、もちろん便利だし使いやすいのですが、英語だけで勉強したい初心者もいるかとます。

そんな時は、英語圏で作られた洋書で、より自然な音声学習が可能です。

絵本」「歴史」など好みに応じ柔軟に選べば、初心者でも効果的に学べます。

今のうちからネイティブ音声に慣れておくことで、中・上級への移行も楽になるでしょう。

楽しみとしての読書

しかしながら音声学習で、「いつでもどこでも勉強だけ」というのは息苦しいものです。

勉強に疲れたら娯楽も必要と思い、当ブログでは「楽しみとしての読書」にもaudibleを取り入れることを提案します。

おすすめのタイトルは、『RJ-Boy Detective』で、これなど自然な英語で、初心者のリスニングまでかなえてくれる理想の書です。

「単語を覚えなければ」とか「文法を覚えなければ」と意気込むことなく、純粋にオーディオブックを楽しむ日があってもいいじゃないですか。

その際は「流し聞き」といった感じで、興味が持てるタイトルに触れるとよいと思います。

初心者の英語学習に

ここまで初心者が英語をaudibleで学習する方法を見てきましたが、どうだったでしょうか。

「これならできそう」「自分も試してみたい」と思えるオーディオブックはありましたか?

色々と前後したので、タイトルを目的別で整理しておきます。

初心者におすすめaudible一覧

学習の目的 オーディオブック
文法と例文 ・改訂版 もっとやさしい起きてから寝るまで英語表現600
単語と発音 ・ユメタン0日英版音声
・Polished pronunciation practice
・英語発音エクササイズ
聞き流しと娯楽 ・RJ-Boy Detective

と、こんな感じで整理しましたが、実のところ語学は全て繋がりあっています。

英語で音声を聞くときは、「単語・文法・発音」など、何かしら意識するといいですよ。

気になる本があった場合、上記リンクから試聴だけでもどうぞ。

初めて登録する人なら好きな本を無料で一冊もらえるのも要チェックです。

当記事が、あなたの英語学習に、何か少しでもお役に立てたなら嬉しく思います。