下見旅行

チーズブルダックのアレンジを牛乳でホワイトソース風にしてみました

牛乳でチーズブルダックのアレンジをしました。

辛いのが苦手なので、ホワイトソース風で辛さゼロにしています。

 

ともみろく
ともみろく
というわけで今回は、チーズブルダックの辛くない食べ方を伝えます

 

当ブログ運営者は、辛いのが苦手だけど、韓国食品に興味がある九州の人です。

辛さを抑えてブルダックを楽しみたく、作り方を考案しています。

チーズブルダックのアレンジを牛乳でホワイトソース風にしてみました

チーズブルダックのアレンジを牛乳でしていきます。

辛いのが苦手なため、赤いソースを今回は使いません。

その分、薄味になるので塩コショウで最後に味を整えるのがポイントです。

アレンジに使う具材と牛乳を準備

まずはブルダックチーズ味のアレンジに使う牛乳と具材を準備します。

ホワイトソースを引き立たせるため、具材はシンプルに一種類だけです。

ソーセージを2~3本、お好みの量でスライスしておきます。

牛乳は存在感が出過ぎないよう50mlの量にしてみました。

チーズブルダック炒め麺の内容物

チーズブルダック炒め麺の内容物ですが、即席麺と赤いソース(液体)、黄色い粉末ソース(チーズパウダー)が入っています。

当ブログ運営者は辛いのが苦手ながら、チーズブルダックを食べてみたく、辛くない作り方を考えました。

赤いソースは入れないように注意

今回は辛くない作り方ということで、本来は入れるはずの赤いソースを使用していません。

使うのは、黄色い袋の粉末(チーズパウダー)のみになります。

赤い液体ソースを入れると辛いのでお気をつけください。

牛乳でチーズブルダックをアレンジして一味違う食べ方をしてみました

それでは早速、牛乳でチーズブルダックをアレンジしていきます。

辛いのが苦手な人に役立つ作り方だと思うので、参考になれば嬉しいです。

具材とブルダック麺をよくゆでる

フライパンでお湯を沸騰させ、麺と具材(ソーセージ)を一緒にゆでます。

袋に記載の湯量だと600mlですが、今回はアレンジなので450mlの湯量にしてみました。

フライパンで調理しながら水分を飛ばすため、湯切りは行いません。

ソーセージに火が通ったところで、麺をほぐし次は牛乳を加えます。

煮立ったらゆで汁に牛乳を入れる

煮立ったブルダック麺に牛乳を加え、さらに煮立たせたところです。

麺にソースを煮含めるようにして、水分を飛ばしていきます。

しっかり煮込んでも麺のモチモチ感は損なわれません。

けれど、硬めの麺が好きな人は、湯量を少し減らしても大丈夫です。

450mlの湯量で作ってみたところ、ソースを吸って麺がやや重くなりました。

水分が飛んだらパウダーを加える

強火で煮立たせて汁気が程よく飛んだら、最後にチーズパウダーを入れて出来上がりです。

黄色い袋のパウダーはブルダック麵にしっかり絡め、全体に味を均一になじませます。

ただし、牛乳とチーズパウダーだけでは味が弱いので、最後に塩コショウするとよいですよ。

ソーセージに塩気があるため、麺と絡めながら食べると味が引き立ちます。

チーズパウダーの中には、何とゴマと海苔が入っていました。

若干ですが、韓国食品の雰囲気が感じられて楽しいですね。

 

ろっく
ろっく
作ってみてね

 

と、こんな感じで辛くないアレンジはできそうでしょうか?

フライパンで手軽にできるので、あなたもよかったら、ぜひ試してみてくださいね。

わたしも新しいレシピを思いついたら、お知らせしたいと思います。

というわけで、また。