下見旅行

ガーナピンクチョコレート2021の感想は苺味がお口いっぱい広がる

あなたはもう、ロッテのガーナピンクチョコレート2021を食べましたか?

わたしの感想は、一回目に食べて気に入り、リピートで3枚まとめ買いしました。

本当は10枚でもいいのですが、食べ過ぎると困るので。

 

ともみ
ともみ
ということで今回は、ガーナピンクチョコレート2021お味の感想などお伝えします

 

当ブログ運営者は、お菓子大好きの通訳案内士です。

日本ならではの楽しく可愛いお菓子を見ると、つい手に取りたくなります。

ガーナピンクチョコレート2021の感想は苺味がお口いっぱい

ロッテのガーナピンクチョコレート2021ということで、お味の感想を下記に綴ります。

苺味ということで、春だけ発売される限定品のようです。バレンタインも近いですからね。

どうやらバレンタイン商品らしい

そんなわけで、ガーナピンクチョコレート2021でございます。

ロッテのガーナチョコレートは好きで、前からずっと食べていたのですが、ピンクでいちご味って初めて見ません?

(2020にもあったようだけど、わたしは2021で初めて知りました)

このチョコレートですが、どうやらバレンタインに向けて発売された季節商品のようです

外箱には大きな苺のイラストが存在感を放っています。だけど名前はピンクチョコレート。

中身はもちろんピンク一色でした

外箱はピンクで、もしかして中身も同じくピンク一色なのか?と期待がふくらみますね。

そして、もちろん中身も期待を裏切らずピンク一色でしたよ。

「ピンクチョコレート」というネーミングの可愛さに、わくわく感が止まりませんが、ピンクの板チョコにこれまた胸が高鳴ります

中身の板チョコには定番のガーナ感を残しつつ、雰囲気可愛いというのが何とも嬉しい。

美味しい食べ方でおすすめなのは

このチョコの美味しい食べ方ですが、おすすめなのは、「冷蔵庫で冷やして食べる」です。

・何だそんなことかと思われるかも知れませんが、食感がパキパキになります

・全体的なサイズは、普通のガーナより気持ち小さめなので、板チョコのまま食べやすい

・パキパキに固めて、割らずに1枚のまま噛みついて食べるのが美味しく、おすすめです

チョコは口に入れるとすぐ溶けますし。噛んだ時のパキっとした食感も満喫できます。

2021ガーナピンクチョコレート苺味の感想【爽やかさ香る甘み】

2021年、ロッテのガーナピンクチョコレートでーす。感想は、バレンタインというかホワイトデー向き?

溶かして使うのもったいなくないですか?ぜひ、板のまま味わってほしい。

お味の感想は苺味がお口いっぱい

ガーナピンクチョコレート2021お味の感想ですが、しっかりと甘味がありつつ、フレッシュな苺の香がお口いっぱいに広がる感じでした。

ロッテの説明に「甘酸っぱい」とありますが、わたしは酸味よりむしろ、ふくよかな甘味を感じました。

苺味にありがちな子供っぽい甘さでもなく、苺好きには幅広く愛されるチョコかと思います

バレンタイン商品とあるけれど、男性よりも女性に好まれる気がしますが。

2人で一緒に食べるチョコ的なやつ?というか、手づくりチョコの彩りに使えるみたいですね。(溶かして使う的なやつ)

いつまで買えるのか気になります

このロッテのピンクチョコレートですが、いつまで買えるのか気になります。

「この時期だけのチョコレート」ということで販売されているので、通年の定番商品でないことは確かなのですが、はっきりとした期限は分かりませんでした

パッケージが可愛く、お味も女性受けしそうなので、ホワイトデーくらいまでは大丈夫では...と勝手に期待してます。

ロッテのガーナホワイトと苺の出会い

ピンクチョコレートの中身について、このやさしい風味は何だろう?と思っていたのですが...ベースがガーナホワイトなんですって。

ロッテのガーナホワイトに、いちごパウダーを練り込んで作ってあるのですね。

そう言われると、ベースはホワイチョコだ、と思えるふんわり感がありました。

フレッシュな苺が香る、ふくよかな甘みのガーナピンク。

基本的にバレンタイン商品ということで、今だけのお味なので、気になる人はお早目に。

というか、通年で売り出してほしい。ほんとに。