英語勉強

英語の交換日記で効果的な書き方【続けやすい方法とは?】

英語で日記を書くと効果があると聞くけれど、交換日記の書き方を知りたい。

始めるのは簡単でも、ずっと書き続けられるか心配だから。

続け方と合わせて、できれば参考書や添削の方法も教えてほしい。

そんな風に思っていませんか?

 

ともみろく
ともみろく
ということで今回は、英語日記の効果的な書き方を伝えます

 

当ブログ運営者は、30代から初心者として英語をやり直しました。

自分なりの工夫で勉強を続けた結果、今は通訳案内士です。

英語の交換日記で効果的な書き方【続けやすい方法とは?】

英語で日記を書くと、勉強に効果的なのでは?と思っていても、書き方に悩みますよね。

わたしも色々と悩んだのですが、最終的に続けやすい方法を見つけました。

そこで、実際におこなった交換日記を例に、勉強法をお伝えします。

英語の交換日記を始めよう

あなたも気がついているように、日記を英語で書くのって、とても効果的な勉強法です。

「英語で文を書くこと」=「英単語や英文法を使うこと」なので...

英会話するために言葉を組み立てる際にも、応用できるやり方ですよね

ということで、英語で日記を書けば、英会話にも少しずつ効果が表れてきます。

ですが、自分一人で日記を続けるのって、色々と難しいです。

語学上達においては、少しでも自分の枠を超えていくことが成功のカギとなりますが、一人で日記を書くと、自分の範囲に留まりやすくなるからです

そこで効果を上げるために、「英語を話す友達と交換日記1年間」を提案します。

友達と勉強して効果アップ

友達と交換日記をおこなう際は、次の準備が必要となります。

交換日記を続ける準備

  1. 中3までの英語力
  2. 英語を話す友達(日本人で良い)
  3. 大学ノート2冊
  4. カラーペン1色(好きな色で良い)
  5. 英語日記の参考書

上記5つについて、少し詳しくお話ししますね。

その1、中3までの英語力

英語で交換日記をするには、大まかに中3レベルまでの英語力が必要です。

ここで言う中3レベルとは文法を意味します。

やり直しの初心者でどんなに苦しくとも、日記を書きたいのであれば、現在形と過去形は使えるようにして下さいね。

ともみ
ともみ
日記は、基本的に過去に起こった事を記すので

ろっく
ろっく
過去形が使えないと困るんだ

単語は知らなくても辞書で調べられるので大丈夫ですよ。

その2、英語を話す友達(日本人で良い)

日記を書くのに必要な中学英語を手に入れたら、次は英語を話す友達を探します。

英語を話す友達が必要なのは、交換日記をするためです。友達は日本人でも構いません。

ノート交換する相手がいると、締め切りを守ったり、相乗効果を出しやすくなるので。

「英語を話す友達」を探すのは、ノート交換だけでなく、英会話パートナーになってもらうためです。

大人の初心者
大人の初心者
友達って
どこにいるんだ?

英語を話す友達は語学の集りにいます

集まりとは?

・英会話サークル
・英会話スクール
・英語同好会
・英語ボランティア... など

交換日記をする友達の選び方は?

「自分と同じくらいの語学力と熱量」または「自分より少し上の語学力と熱量」がある人にお願いをして下さい。理想は「自分より英語力と意識が少しだけ高い学習者」です

自分より語学力が低く、交換日記に対する温度差がある場合、効果は出にくくなります。

その3、交換日記の大学ノート2冊

英語を話す友達が見つかったら、次は交換用のノート2冊を準備します。

ノートを2冊使うのは、1日も休まず英語日記を書き続けるためです。

 

大人の初心者
大人の初心者
交換用のノートは1冊で良いのでは?

ノート1冊だけ交換すると、自分の手元にノートが無い時は書かなくて良いことになります。ですが、それでは効果アップから確実に遠ざかります。

ノートは必ず2冊使用して、1年間続けて書けるようにします。

使用するのは、普通の大学ノートで大丈夫です。

その4、カラーペン1色(好きな色で良い)

交換ノートの準備が終わったら、次はカラーペンも準備します。

カラーペンが必要なのは、英文を添削するためです。

添削に使用するペンの色は...

・赤、オレンジ、青など、どんな色でも構いません
・日記と区別しやすいよう鮮やかな色がいいですよ

このペンを用いて、相手の日記に添削だけでなく、コメントを書き込むこともできます。

その5、英語日記の参考書

それから、英語で日記を書く際は、参考書を上手く活用すると安心です。

 

大人の初心者
大人の初心者
参考書は何のため?

 

参考書のとおりに書けば、日付や曜日・天気などの決まった表現が覚えられるからです。

しっかりと型を体得しておけば、後々きっと役立つ日が来ると思います。

わたしが実践をした時は、新・英語で日記を書いてみる―英語力が確実にUPするを活用しました。

使える表現、具体的な例文が豊富で、内容も難し過ぎず使いやすかったです。

交換日記を英語で続けて効果を上げる書き方【実践しよう】

英語の交換日記を効果的に続ける方法【やり方解説】

ここからは、英語の日記を楽しく効果的に続ける方法をお伝えしますね。

下記は、わたしが、友達との交換日記で実践したやり方です。

英語で交換日記2冊の使用法

日記用のノートは必ず2冊を使用してくださいね。1日で書く分量は最低2ページです。

余裕があれば、2ページ以上書くと、さらに勉強になることでしょう。

2ページというのは、見開きで両方のページに書くという意味です。

日記を書く際は、本文の行間に必ず余白をあけるよう心がけます。

ノートの行間(余白)の取り方

・本文を書く時は、その上下に1行ずつ余白の行を取ります
・余白を取るのは、添削およびコメントを書き込むためです

コメントは、交換日記に書かれた内容に質問・感想など、何でも大丈夫です。

交換相手と活発なやり取りをすれば、楽しく続けられると思います。

その際は、コメント・添削も全て英語で行うことが最大のポイントですよ。

交換日記は添削も忘れずに!

また、交換日記の添削については、お互いがお互いの先生になります。

自分の英文は友達に添削してもらい、自分は友達の英文を添削する形です。

英語日記をお互いに添削するメリット

①お互いの日記を添削することで文法力が鍛えられる
②自分には無い語彙や表現法を相手の話題から学べる
③交換パートナーの英文を読むことで読解力も高まる

この方法にはデメリットもあります

英語のネイティブスピーカーでは無いため、添削を完璧に行えないことです

※より良い添削を求める場合、英語添削サービスなど上手に活用して下さい。

英語のノートを交換する頻度

わたしがノート交換していた時は、週一回は必ず相手と会うようにしました。

ノート交換は週1回が理想的なので、実現するために、次の2つを心がけました。

週一回の交換日記をするために

・曜日と時間を固定で決め、基本的に別の用事を入れずにおく
・やむを得ない事情で会えない時は別日を設けノート交換する

週1回の日記交換が難しくても、2週間以上は間を開けない方が良いですよ。

忙しくて書けずに溜めてしまった時も、1週間なら取り返しがつくので。

始めの方で「1日も休まず書く」と言いましたが、実際は書けない日だってありますよね。

そういった場合、1週間後の締め切りまでに7日分完成していれば大丈夫です。

英語日記の参考書も、最近版で使いやすいものが新たに出版されています。

わたしが何冊か読んだ中では、上記の2冊が特に使いやすく、おすすめです。

交換日記と一緒に英会話もしよう

わたしの場合、英語日記を始めたのは英会話の上達のためでした。

そんな事情から、友達と会ってノートを交換する時は、英会話の時間も設けていました。

日記の交換と一緒に、英会話もすれば更に効果が上がると考えたからです。

英会話の方法は?

・お互いのノート交換後に添削やコメントを読みます
・それを糸口に会話すれば話題に困ることもないです
・相手から新たな知識を学べ結果的に話題も増えます

ということで、ノートを交換するその場で時間を設け、英会話も実践します。

英作文と英会話を同時に行うメリットは下記の通りでした。

メリットまとめ

  1. 語彙が増える
  2. 文法力がつく
  3. 英作文の抵抗が減る
  4. 読解力が高まる
  5. 話題が豊富になる
  6. 表現の幅が広がる
  7. 英会話に慣れる

こんな感じで1年間勉強すれば、効果は確実に上がると思いませんか?

今はまだ英語の初心者でも、いつか驚きの展開を迎える日が来るかもしれません。

わたしも今後さらに驚きの展開を迎えられるよう、引き続き新たな試みをしていきます。