英語学習

洋楽でリスニングにおすすめアーティスト30曲その③【本気で選びました】

洋楽でリスニングをするのに、おすすめのアーティスト30曲その③です。

最後の1曲だけ、英語が公用語ではない国の洋楽を入れてみました。

楽しんで聴いていただけると、嬉しいです。

Bella Ferraro - Set Me on Fire

Bella Ferraroはオーストラリアの歌手です。

オーストラリアの英語も歌詞になると聞き取りやすいですね。

Echosmith – Bright

アメリカのアーティストEchosmith。音楽一家に生まれた兄妹バンドです。

歌詞に登場のConstellationという単語、わたしはずっと前に別のバンドの歌で覚えました。何か一つでも新しい英語に出会えたら、洋楽を聞いた甲斐もあったというものです。

Michael Jackson – My Girl

子供時代のマイケル・ジャクソンです。この曲はカバーになります。オリジナルのアーティストはThe Temptationsというグループでした。

聴き比べたけれど、わたしはマイケル版がやはりおすすめ。表現力が豊かで歌が大好きといった感じで、聞くだけで幸せ気分になれる洋楽です。

Augustana – Boston

アメリカのバンドAugustana。MVで大波に呑まれながら、「Boh~stoh~~n」!!となる辺りで心の奥につかえた何かがうわーっと流される感覚になります。このカタルシスは一体。

でも歌詞はシンプルなのに、泣いてるみたいに歌うから、聴こえづらいかな。

Kiana Ledé  – I Choose You

アメリカの歌手Kiana Ledé 。女優もされているようで歌う姿も絵になります。

これからが楽しみの洋楽アーティストです。よかったらリスニングしてみてください。

Birdy – Wings

Birdyはイギリスのおすすめシンガーソングライターです。歌声の存在感が凄い。

歌詞は意外と聞き取りやすく、お嫌いでなければリスニング用に愛聴いただけますよう。

The Cars – Drive

The Carsのおすすめ曲です。1980年代、アメリカ人のグループです。

うまい具合に洋楽プレイリストに入れ込むと違和感なく聞けます。リスニングもしやすいので、よかったらどうぞ。

Neil Young – Heart of Gold

ニール・ヤングはカナダ出身なのですね。ずっとアメリカ人だと思っていました。

昔の名曲で歌詞が聞こえやすいです。内容はだいぶ文学的。

Rachel Platten - Fight Song

英語のリスニングおすすめということで、勇気づける洋楽をと思いこの歌を。歌詞も相当に聞き取りやすいです。

しかしながら今回、アメリカ人のアーティストが多くなり反省。なので最後の1曲(次の曲)だけ英語が公用語ではない国の洋楽(歌詞は英語)からご紹介します。

Kygo – Happy Now ft. Sandoro Cavazza

ノルウェーのDJ/音楽プロデューサーKygo(カイゴ)の名曲を選びました。イタリア出身のスウェーデン人歌手、サンドロ・カヴァッザとの共作です。

 

Kygoは奏でる音も美しければ、本人の姿形も美しい。MVは映像映えこの上ない。英語圏アーティストとのコラボも多数あり無限に聞けます。リスニングにおすすめ。

 

前のページ洋楽10曲をもう一度