下見旅行

マリンメッセ福岡の注釈付指定席(ステージサイド)は良席と思う理由

マリンメッセ福岡の注釈付指定席ですが、ステージサイド席はどんな見え方ですか?

ステージと客席との距離など、すごく気になります。

せっかくチケット代を払って入るのに、見え方が良くないと悲しい。

 

ともみ
ともみ
そんな風に思ったことはないですか?

 

わたしも、ずっと気になっていました。

ということで、マリンメッセ福岡の注釈付指定席についてお話しします。

当サイト運営者は、過去に4回マリンメッセでライブを観ました。

※この記事の内容は、ステージサイド席についてです。

マリンメッセ福岡の注釈付指定席(ステージサイド)は良席

マリンメッセ福岡の注釈付指定席(ステージサイト席)って、良席なのかな?

と心配でしょうが、わたしの経験では良席でした。まずは注釈付席からご説明します。

※画像はイメージです

注釈付指定席とは

注釈付指定席とは、何等かの理由によってステージが見にくい席の事です。

一例として...

・客席の位置がステージの真横に位置する
・セットや機材で視界が若干さえぎられる

などがあります。

通常の座席と比べると、ステージに対する角度が対面ではない、ステージ配置によっては演者の姿が見えづらいなどです。

ステージが見えにくい席というのは、会場によってまちまちで、会場をどのように使用するかで注釈席も変わってきます。

とは言え、注釈席自体はステージから近い場合もあり、必ずしも注釈席=見えない席・悪い席ということでもありません

ステージサイド席とは

ステージサイド席とは、特にステージの側面に位置する客席のことです。

角度的には真横になりますが、客席のブロック自体ステージに近くても、座席によって必ずしも演者の表情まで見えるとは限りません。

注釈付き指定席の中でも特にステージ真横に位置するブロックを「注釈席」ではなく「ステージサイド席」として販売するアーティストもいます。

ということで、注釈付き指定席とステージサイド席は大まかに言うと、同じ意味合いです。

しかしながら、ステージを客席の中央に配置するのか、正面最前に配置するのか、花道はあるのか無いのか?で注釈席またはステージサイドの位置も違います。

チケット予約を検討する際は、くれぐれもご留意ください。

注釈付き指定席 Mr.Childrenの場合

マリンメッセ福岡注釈付指定席は、わたしの経験から言えば良席でした。

少し過去の話ですが、マリンメッセ福岡で、ミスチルを見てきました。

「Mr.children ツアー2018-19 重力と呼吸」のライブです。
※2018年12月16日(日)開催分

チケットは全て、ミスチル公式サイトの特設ページ(ライブツアー決定後から期間限定で設置される)の規定に沿って申し込みました。

重力と呼吸ツアーは、マリンメッセ福岡では北側にステージを配置してあり、わたし達の座席はOブロック(スタンド席)の前列あたり、ステージが良く見える位置でした。

マリンメッセ福岡の座席図≫

アリーナを見下ろす形で階が上になっているため、同じOブロック(スタンド席)でも座席によっては、遠く感じる人もいるかも知れません。

(注.ステージ寄りでもOブロック後列だと見え方は厳しい。最後列の立ち見席と同じ感じかも。なお、向かい側のFとPブロックにもステージサイド席があります)

それとは逆に、ステージサイドCブロック(スタンド席)だとアリーナ寄り(フロアに近い座席)で、メンバーの顔まではっきり見えるのでは?と推察されます。

ミスチルの表情は、Oブロック(スタンド中央階)からは、何となく見えるくらいでした。

ですがステージ上のモニターは見えたので、それで大丈夫かと思います。

わたしは過去に他のライブをBブロック(スタンド席)で観たことがあり、それに比べてもミスチル注釈席のOブロックは良席でした。

実は、電子チケットのデータを消してしまい、座席位置はうろ覚えです。(当初はブログでお知らせする予定が無かったため)

もしかすると、わたし達の席は、Cブロック(スタンド席)の後ろの方だったかもしれません。→スタンドCからスタンドOへ向かって上る境目あたり。

どちらにしても、ステージ真横からバンドの全容を見ることができ、チケット価格は若干低く設定されており、お得感があります。

ミスチルはステージ上で動きがあるため、真横から見ても全く問題なしでした。

(ミスチルのステージセットにはアリーナの真ん中に花道が設けられるため、基本的にはどの席からも楽しめます)

わたし達は初めての参加でしたが、ミスチルファンの方々の雰囲気が温かく微笑ましかったです。

客席には、ご家族全員で来られている方が多く目につきました。

お隣の席の家族連れは、お父さん・お母さん・中高生の息子と娘、といった構成で、お母さんがずっと感動の涙を流されていました。

開場前には、お友達どうしで来られたファンの人達が、ツアートラック前で和気あいあいと記念撮影している姿も見られます。

トラックは撮影がしやすいよう、敢えて一台は建物前の目立つ場所に置いてありました。

ファンに対する、ミスチルの愛情ですね。

チケット予約は、転売や買い占めができない仕組みになっていて、ミスチルのショービジネスに対する真摯な姿勢も垣間見ることができました。

初めての参加でしたが、色々と感服させられたライブでした。

ステージサイド席 スピッツの場合 

マリンメッセ福岡の注釈付指定席は、スピッツライブ”MIKKE”では「ステージサイド席」という名で、後から追加販売されました。

わたし達が観に行ったのは、「SPITZ JAMBOREE TOUR ”MIKKE” 2019-2020」です。

その時の座席は、運よくアリーナ席でした。
※2019年12月27日(金)開催分

けれども、ミスチルで取れた注釈席付近がスピッツで言うところのステージサイド席だな、ということで場所の察しはつきました。

アリーナ(ステージに近い座席)から見上げて思ったのですが、マリンメッセ福岡のステージサイド席は、やはり良席です。

ステージ側から見ると客席が相当に近く、演奏者からお客さんは意外と見えていると感じました。

スピッツの場合、バンド自体にあまり動きは無いのですが、ベースは良く動きます。

客席に向かって設置された、ステージセットのスロープを何度も行き来していました。

ということで、特に田村さん(Ba.)のファンには垂涎の席と言えるでしょう。

あのスロープはきっと「ステージサイド席のお客さんに楽しんで欲しい」というスピッツの優しさだったと思います。

草野さん(Vo.& Gt.)は一度だけ、足元に注意しながら「転ばないように…」といった感じで、スロープを上ってました。

客席からは、大喜びの歓声が沸き起こっていましたよ。

ステージサイド席は、やっぱり良席ですね。

マリンメッセ福岡の注釈付席(ステージサイド)は当たりやすい?

ミスチルのチケットが取れたので、注釈付き指定席は当たりやすいと信じてます。

どうせ取れないと諦めていたのですが、ステージサイドに変えたとたん一回で取れたので。

※画像はイメージです

ミスチルは注釈付指定席で当選

ミスチルの注釈付指定席は、自分の経験を踏まえる限り「当たりやすい」と思います。

「ツアー2018-19 重力と呼吸」ですが、当初は普通の席を取ろうとしていました。

ですが、ミスチルのチケットは、取れないことで有名ですよね。

初参加ということでダメ元でチャレンジし、わたし達も撃沈しました。

諦めきれず2次、3次と申し込み、結局のところ抽選には全部で3回落ちました。

思い直して座席の種類を変え、4回目で注釈付指定席に当選した次第です。

そんなわけで、「ミスチルのライブは、注釈付指定席だと当たりやすい」と、楽観的な解釈をしています。

スピッツはステージサイドを追加

スピッツのマリンメッセ福岡ステージサイド席は、”MIKKE”ツアーでは追加で発売されました。

追加販売は各種チケットが出回った終盤に行われるため、比較的に取りやすいと言えます。

マリンメッセのステージサイドだと、良席に巡り合える確率が高いです。

スピッツも北側にステージを配置するスタイルなので、見やすいと思います。

機会があれば、ステージサイド席を狙ってみてください。

ということで、まとめです。

マリンメッセ福岡の注釈付指定席は?
  1. ステージサイド席だと近め
  2. チケット当選もしやすいかも
  3. 初めから注釈席を狙う手もあり

マリンメッセ福岡は、北側ステージ横だと、良席の確率が高いと思います。

あなたにも、いつか良い席が当たりますように。