下見旅行

カルボブルダックを豆乳とソース半分でアレンジして作ってみたレシピ

カルボブルダックって豆乳と合うかも。

そう思って、ソース半分で辛さをおさえるアレンジをしてみました。

 

ともみろく
ともみろく
というわけで今回は、カルボブルダックの豆乳アレンジレシピを伝えます

 

当ブログ運営者は、韓国食品に興味がある九州の人です。

辛いのは苦手だけどブルダックを食べてみたく、豆乳で辛さ控えめアレンジを考えました。

カルボブルダックを豆乳とソース半分でアレンジして作ってみたレシピ

ではさっそく、カルボブルダックを豆乳とソース半分でアレンジしてみましょう。

辛いのをやわらげるために、具材を入れることも必須です。

韓国の即席麺は、味がしっかり強めなので、野菜を入れると引き立ちますよね。

豆乳と使用する具材

今回アレンジに使う具材は、ソーセージとピーマンです。

ソーセージは1~2本でピーマンは適量を使用。

火の通りをよくするため、小さく切っておきます。

ピーマンが苦手なら、何か別の野菜を入れてください。

豆乳は無調整のタイプです。無ければ牛乳でも代用できます。

具材と麺を一緒にゆでる

ここから具材と麺に火を通していきますね。

めんどうくさいのは嫌なので、すべて一つのフライパンで済ませます。

袋に記載の調理方法では「沸騰したお湯600ml」とありますが...

豆乳を50ml入れるため、お湯は550mlにします。

ゆで汁も使う(煮詰まったら蒸発する)ため湯切りは一切おこないません。

煮立ったら豆乳を入れる

麺がほぐれて具材に火が通ったら豆乳を入れます。分量は50mlです。

もっとやさしい味にしたいなら、水の量を減らし、その分だけ豆乳を増やしてください。

豆乳を入れ煮立ったら、いよいよ赤い袋のソースを注入です。

豆乳でアレンジするカルボブルダック【ソース半分だけで辛さ控えめに】

豆乳とソース半分でアレンジして、カルボブルダックを辛さ控えめで作っているところです。

辛いのが苦手な人でも、できるだけ美味しく味わえるようレシピを考えてみました。

赤いソースは半分だけ使用

豆乳だけでは辛さを完全におさえられないので、赤い袋のソースは半分だけにします。

カルボブルダックが、辛くなる要因は、赤い袋のスパイスです。

辛いのが苦手な人は、全部入れない方が美味しく食べられます。

辛いのが嫌な人は、くれぐれも全部は入れないよう、ご注意ください。

煮詰まったら白い粉を入れる

赤い袋のソース半分を入れた後で、汁気がほどよく飛んだら、白い粉を入れます。

今回は水分を飛ばして、ソースを麺にすべて絡めてみました。

ソースのとろみを残したい場合、火から早目におろすなどしてくださいね。

ソース半分より少なめでもOK

アレンジしたカルボブルダック(辛さ控えめ)の出来上がり。

見ためは、ナポリタンみたいですが、お味はしっかり韓国の即席麺です。

ソーセージとピーマンもよく合い、美味しくできました。

水分を飛ばし過ぎたせいか、味はやや濃かったです。

辛いのが苦手な人には、ソース半分でも、まだ辛いかもしれません。

食べやすくしたいなら、ソース3分の1量にすると、さらに美味しいと思います。

辛さをおさえて作りたい時は、よろしかったら参考にどうぞ。