下見旅行

ハニーゼリーをドンキの韓国お菓子コーナーで4種も見つけてしまった

ハニーゼリーをドンキで見つけました。

韓国のはちみつゼリーなのですが、お菓子コーナーで発見。

 

ともみろく
ともみろく
というわけで今回は、ドンキホーテで買えたハニーゼリーについて書きます

 

当ブログ運営者は、韓国のお菓子に興味がある九州の人です。

お店で韓国食品など見ると、つい味見したくなります。

ハニーゼリーをドンキの韓国お菓子コーナーで4種も見つけてしまった

ドンキで買えたハニーゼリー、当ブログ運営者が見た限り、店頭には4種類ありました。

せっかくなので、全種類のはちみつゼリーを買ってみることに。

ボトル型のタイプ×2種類と個包装のタイプ×2種類で全4種類となります。

ドンキホーテでハニーゼリー発見

そんなわけで、ドンキホーテで買えたハニーゼリー、まずはボトルタイプからご紹介です。

はちみつベースのゼリーでフレーバーは2種類ありましたよ。

シンプルなはちみつ味のハニーゼリー、それから、いちご味のストロベリーとなります。

容器もフレーバーに合わせ、黄色、またはピンクで可愛らしいですね。

愛くるしいミツバチのイラストにも和みます。

ハニーゼリー(オリジナル)

こちら、はちみつ味のハニーゼリーです。

食感はゼラチンのようなフルフルした感じなのかな?

と予想していたのですが、ゼリーというよりは、固めの水飴みたいな感じでした。

はちみつの香りとあわせ、香料にもわりと存在感があります。

しっかり濃い甘さなので、少しずつ楽しむのが良さそうです。

温かい飲み物に入れて溶かしたり、パンやクラッカーにつけて食べたりもできます。

ハニーゼリー(ストロベリー)

お次は、はちみつゼリーのストロベリー味になります。

可愛らしいピンク色をしています。

いちごの香料の存在感があり、はちみつ感よりストロベリー感が強めでした。

こちらも、可愛い色合いを様々に生かせば、色々なものが作れそうですよね。

飲み物に溶かしたり、サラダやパンに添えたりすると、引き立つだろうと思います。

実際に、ボトルのラベルにも「パンやサラダにかけても◎」と書いてありましたよ。

ドンキでハニーゼリー(韓国の)を買ってしまった【色々と楽しめそう】

ドンキで買えたハニーゼリー、あと2種類あるので、引き続きご紹介しますね。

こちらも、韓国のはちみつゼリーです。

ボトルタイプに続いては、袋入りの個包装タイプとなります。

袋タイプには、クマさんのイラストがついていました。

韓国のはちみつゼリー買えたよ

韓国のはちみつゼリーについて書いています。

ゼリーというからには、液体に近い感じなのかな?

と思いきや、意外としっかり粘り気があり、どちらかというと半固形のお菓子でした。

強いていうなら、チューブ入りの水飴といった感じです。

ハニーゼリー(オリジナル)

こちらも韓国のハニーゼリー、はちみつ味です。

袋を開けたとたん、はちみつの香りがハッキリ感じられます。

匂いだけで、すでにハチミツ感が満載です。

袋の中は、個包装で3個入っていました。

ソフトなプラスチック容器で、可愛らしいクマさんの形をしています。

チューペットのような、やわらかな手ざわりのプラ容器でした。

食感はゼリーというより水飴みたいな感じです。

味はかなり甘め。これを直に吸って食べられる人は、かなりの甘党さんでしょう。

ハニーゼリー(ハニーレモン)

個包装のタイプには、ハニーレモン味もありました。

レモン味も袋を開けたとたん、柑橘系の香りが強く匂い立ちます。

しかしながら、味はそれほど酸っぱくありませんでした。

はちみつ味と同じくハッキリとした甘さで、プラ容器はハチミツのイメージ?

一気に食べるより、何かに溶かしたり塗ったりして味わうのが良さそうです。

 

ろっく
ろっく
無理なく楽しんでね

 

こんな感じで、ドンキホーテで買えた韓国ハニーゼリーの感想でした。

あなたがドンキで、お菓子を買おうかどうか迷った時に、何かの参考になれば幸いです。

わたしもドンキホーテで何か新しいものを見つけたら、その時は試したいと思います。

というわけでまた。