下見旅行

ハニーゼリーがまずい時の食べ方【アレンジすれば美味しくできます】

韓国のハニーゼリーを食べて、あなたは美味しかったですか?それともまずかったですか?

わたしは、まずいと行かないまでも、買い過ぎて持て余しました。

そこで美味しい食べ方をしたくアレンジを考えました。

 

ともみろく
ともみろく
というわけで今回は、韓国のハニーゼリーの食べ方です

 

当ブログ運営者は、韓国のお菓子に興味がある九州の人です。

お店で、めずらしい韓国食品など見ると、つい味見したくなります。

ハニーゼリーがまずい時の食べ方【アレンジすれば美味しくできます】

ハニーゼリーの食べ方について、万が一まずいと感じた時も作れるアレンジを考えました。

余った時など、はちみつ感覚で、ぜひ使ってみてくださいね。

ハニーバタートースト

まずは簡単な食べ方のアレンジから。すぐ作れるハニーバタートーストです。

だいぶ食べやすくなるので、ハニーゼリーをまずいと諦める前に、お試しください。

手順は以下の通りです。

  1. 食パンにバターを塗る(無ければマーガリンも可)
  2. バターを塗った上からハニーゼリーを適量かける
  3. あとはオーブントースターでこんがり焼けばOK

美味しく仕上げるポイントで、食パンを焼く前にバター、はちみつゼリーの順番で重ねます。

バターはまんべんなく塗り、はちみつ部分は、適当で大丈夫です。

焼いた後ではなく、焼く前にハニーゼリーをかけるのが、美味しいコツになります。

はちみつピザトースト

お次は、はちみつピザトーストです。こちらもゼリーは焼く前にかけておきます。

ピザソースは市販のもの(トマトソース)で大丈夫ですよ。

  1. 食パンにピザソースを塗る(トマトソース)
  2. ピザソースの上にスライスチーズを重ねる
  3. チーズの上からハニーゼリーを適量かける
  4. あとはオーブントースターで焼けばOK

ハニーバタートーストと同じく、はちみつゼリーは、必ずパンを焼く前に乗せて下さいね。

そうすれば、チーズやソースと馴染んで美味しいです。

スライスチーズが無ければ、ピザ用チーズでも代用できます。

ハニー&バターチーズトースト

こちらもトーストのアレンジで、韓国のハニーゼリーの美味しい食べ方になります。

  1. 食パンにバターを薄く塗る(マーガリンでも可)
  2. スライスチーズをのせる(ピザ用チーズでも可)
  3. スライスチーズの上からハニーゼリーをかける
  4. オーブントースターでこんがり焼けば完成です

はちみつゼリーは少な目で大丈夫ですが、甘いのが好きな人は、多めにかけてください。

温かいストロベリードリンク

あと、ストロベリー味の食べ方ですが、温かいドリンクにすると美味しく感じました。

一度に大量は飲めないので、少量で作るのがおすすめです。

味としては、ゆず茶のストロベリー版といった感じでした。

飲むとスッキリします。寒い季節にもぴったりのホットドリンクです。

  1. カップにハニーゼリー(ストロベリー)を大さじ2杯ほど入れる
  2. 沸騰したお湯を100ml注いでストロベリーのゼリーをよく溶かす
  3. ほんのりピンクに色づいたら味見し薄かったらゼリーの量を足す
  4. お好みでイチゴジャムを足してもOK。(いちご味のゆず茶風に)

ストロベリーを生かすべく、ハーブティーや紅茶、コーヒーでも試してみました。

けれど、個人的には「まずい」と感じ、おすすめできません。

あれこれ試作して、結局シンプルにお湯で溶かすのが美味しかったです。

薄め過ぎると、よく分からない味になるので、お湯の加減は注意してください。

はちみつレモン&マーマレード

それから、韓国のはちみつゼリーには、レモン味もありますよね。

ということで、レモンのハニーゼリーでもアレンジを考えました。

こちらも温かいドリンクになります。

  1. カップにハニーゼリー(レモン味)を大さじ2杯ほど入れる
  2. その上からオレンジマーマレードを大さじで1杯ほど入れる
  3. 沸騰したお湯を100ml注いでジャムとゼリーを十分に溶かす
  4. 味見して薄かったらゼリーまたはマーマレードを足し調整を

このドリンクは、風邪ひいた時に飲んでも美味しそうな味です。

冬の朝や、喉がイガイガする時に、作るとよいと思います。

ハニーゼリーの食べ方【まずい時やアレンジしたい時のための作り方】

韓国のはちみつゼリーの美味しい食べ方を考えてみました。

オリジナル味のゼリーがまずいと感じた人も、美味しいと感じた人も作ってほしいです。

よかったら、ぜひ試してみてください。

凍らせるとアレンジしやすい

ところで韓国のハニーゼリーですが、凍らせてみた人はいますか?

わたしもアレンジの作り方を試したく、凍らせてみました。

冷凍に使ったのは、個包装のタイプです。

クマの形(オリジナル)とハチミツの形(レモン味)の2つを1日ほど冷凍したところ...

はちみつに粘り気があるため、完全にシャリシャリには、なりませんでした。

けれど、そのまま食べるより、形がまとまって扱いやすかったです。

チューブの真ん中を包丁で横半分に切って、中身を押し出して使うことができます。

そのまま食べるのが嫌なら、アレンジすればよいですね。

個包装のタイプを扱いづらく感じたら、ぜひ凍らせて使ってみてください。

※ボトルタイプは室温で溶かしてやわらかくした方が出しやすい。

カレーの隠し味として煮込む

余らせてしまった韓国のハニーゼリー、カレーの隠し味にしたらどうだろう?

と思い立ち、一緒に煮込んでみました。するとそれが合って美味しかったです。

わたしがカレーに入れたハニーゼリーの味は、オリジナルでした。

容器はボトルタイプになります。(ソジュのクマさんタイプでも代用可)

材料や分量はお好み次第ですが、当ブログ運営者は以下の手順で作りました。

※カレールー4個で作る場合
〈具材:鶏肉、にんじん、ジャガイモ、ミニトマト、しめじ、キャベツ〉

  1. 鶏肉の表面に色がつき野菜がしんなりするまで鍋で炒める
  2. 野菜が全て隠れてしまう分量で水を入れ沸騰するまで煮る
  3. 沸騰したら、ハニーゼリー大さじ2杯を入れてよく溶かす
  4. ウスターソース適量を入れた後に、中火で30分ほど煮込む
  5. 30分煮込んだらカレーのルーを入れて溶かし、ひと煮立ち

当ブログのレシピには、隠し味でウスターソースも入ります。

玉ネギを切らし、キャベツで代用しましたが、問題ありませんでした。

トマトの酸味とハチミツの甘味で、絶妙な味わいになります。野菜の分量はお好みで。

カレーのルーは中辛がおすすめです。今回は「こくまろカレー」を使用しました。

ハニーゼリーで甘さが増すので、ルーが甘口だとしつこくなるかも知れません。

肉ジャガで砂糖の代用にする

調味料として煮込むなら、肉ジャガもできます。ハニーゼリーを砂糖代わりに使えるので。

肉ジャガを作る場合も、要領はカレーと同じです。

具材を炒めて水を入れた後に、ハニーゼリーを加えて下さい。

〈具材:ジャガイモ3個、玉ネギ1個、にんじん1本、豚肉〉

  1. 野菜と肉を鍋でしっかりと炒める
  2. 水200mlとハニーゼリーを入れる
  3. 沸騰してから醤油を入れ30分ほど
  4. 中火にて野菜に火が通るまで煮る
  5. ジャガイモに箸が通れば完成です

はちみつの風味が利いて、まろやかな肉ジャガになります。

香料がやや残るかな?といった感じですが、それほど気になりませんでした。

甘さが足りない時は、砂糖を少しだけ入れると良いです。

冷たいはちみつ生姜ドリンク

はちみつといえば、生姜とも合うのでは?と思い、ドリンクも作ってみました。

ホット/アイス両方OKですが、今回は冷やしてアイスドリンクにアレンジします。

  1. ハニーゼリーを大さじ3杯100mlのお湯で溶かす
  2. すりおろした生姜を適量だけ加えしっかり混ぜる
  3. 氷を入れたグラスに②を注ぎ混ぜ合わせて冷やす

氷で冷やす場合は、薄まるので濃いめで作ると美味しいです。

生姜の風味がオリジナルの香料と中和して、飲みやすくなります。

ホットは、寒い季節のアレンジにもおすすめです。

はちみつゼリーで作る大学芋

最後は大学芋のアレンジです。簡単だし、はちみつと合うかなと思い作りました。

サツマイモが無ければ、ジャガイモでも合うかも?

  1. サツマイモ一個を1cmほどの薄さと細さに切る
    (お芋がスティック状になる感じです)
  2. フライパンでサツマイモに火が通るまで炒める
  3. サツマイモに箸がよく通るくらいの固さでOK
  4. はちみつゼリーと醤油の合わせ調味料を入れる
  5. お芋にはちみつの調味料をよく絡めて出来上り

はちみつゼリーが固い時は、お湯で少しだけ溶かすと使いやすいです。

と、こんな感じで簡単に、はちみつゼリーの食べ方を、ご紹介しました。

どれか一つでも、良さそうな作り方が、あったでしょうか?

 

ろっく
ろっく
アレンジしてね~

 

紹介したレシピに、あなたが美味しいと思うアレンジが、あるといいなと思います。

わたしも引き続き、簡単なアレンジで、韓国食品を楽しむつもりです。

何か思いついたら、その時は、お知らせします。というわけで、また。