英語勉強

オンライン英会話で復習をする方法【やり方をおさえてしっかり上達】

オンライン英会話で復習をする方法【やり方をおさえてしっかり上達】
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

オンライン英会話の復習について、どんな方法でしていますか?

わたしは、以下のやり方が効果的でした。

 

ともみろく
ともみろく
というわけで今回は、英会話を復習する方法を書きます

 

当ブログ運営者は、オンライン英会話が大好きな通訳案内士です。

30代から日本国内で英語をやり直し、後に国家資格を取得しました。

(※このところは、やり直し英語のやり直しで、オンライン英会話に没頭中。)

その経験をもとに、誰でも気軽にできる勉強法を発信しています。

オンライン英会話で復習をする方法【やり方をおさえてしっかり上達】

オンライン英会話で、効果を高める復習のやり方が分からない。

そんな人は、下記の方法を、どれか一つでも試してみるとよいですよ。

テキストの間違えた部分を読み直す

英会話の復習ですが、基本的には、あまり難しく考える必要はないと思います。

できるだけ負担なく続けるために、間違えやすい部分を重点的にするだけでよいです。

たとえば、教材を使うレッスンなら、できなかった部分のみ読み返して確認するなど。

この方法だと特に、テキストを使うタイプのレッスンに有効です。

小さなミスは、自分がなぜ間違えたか分かれば、すぐに改善できますからね。

次に同じ間違いをしないよう、ほんの少し気をつけるのがポイントです。

できなかった部分を理解し直しながら読めば、次のレッスンの予習にもなります。

自習しても分からない部分は、講師への質問として使え、英語の改善に役立つからです。

言えなかった語を言えるようにする

また別の方法で、会話中に言えなかった語を、言えるようにする復習も効果があります。

クラス内で、上手く言えなかったのに、何となく意味が伝わってしまった表現。

あるいは、言いたかったけれど、言えなくて諦めてしまった表現など。

レッスン後に悔やまれる英語があれば、復習して言えるようにします。

やり方は、記憶が新しいうちに、辞書や他のツールで軽く調べる程度です。

ただし必ず、完全な一文で英語を言えるように、やり直しておきます。

それを繰り返せば、似た場面に出会った際、言葉に詰まる心配も減っていくはずです。

講師が使った英語表現から学び取る

英会話の復習というと、講師の発言からも、学べるものはたくさんあります。

先生の英語の中に使える表現があれば、自分の語彙としてストックするとよいです。

・通常、講師の英語力は生徒より上なので、レッスンで何か一つは学び取れると思います。

・あるいは、自分が知っている英語でも、講師と自分では用い方が違うかもしれません。

講師がよく使う言い回しや単語、イディオム等で知らない英語など、なかったでしょうか?

うっかり聞き逃さないよう、ぜひとも気をつけて、表現を増やしたいですね。

新しく出てきた単語を反復し覚える

レッスンの復習は、新出単語も覚えるチャンスです。

単語の復習くらいなら、隙間時間でも簡単に振り返れますよね。

単語は英会話に出てきたものだけでなく、講師からのフィードバックの中でも学べます。

英会話のプラットフォームによって

・レッスンノート(履歴の中身)
・チャットボックス(クラス内)
・授業後の感想(コメント)

と、形式は様々ですが...

講師から生徒へ送られる文字情報の中に、新しい単語や表現がきっと見つかると思います。

その時が勉強のチャンスで、覚えるまで反復し、次のレッスンから使ってみるとよいです。

会話で使われた文法をチェックする

英会話では、単語だけでなく文法の復習もします。

といっても、復習ノートを作り込んで文法を見直すわけではありません。

基本的には自分の頭の中で、大まかに振り返るといった感じです。

たとえば...

・自分の発言で、スッキリと使いこなせなかった文法

・講師の英語の中から、ぜひ真似したい単語の使い方

など、何か一つか二つは思い出し、次につなぐと効果が高まります。

やり方として、復習そのものが嫌にならないよう、簡単な方法でするのがコツです。

文法や語彙を頭の中で少しずつ整理して、次へ進めば上達もしやすいでしょう。

オンライン英会話の復習方法【型をふまえたやり方でコツコツ改善を】

英会話で上達したいなら、ほんの少しでも、必ず復習をする方が効果があります。

やり方を難しくすると続かないので、簡単な方法で小さく振り返るのがコツです。

録音を聞き流してリスニングをする

復習で簡単なやり方というと、英会話を録音しリスニングする方法がおすすめです。

これだと、紙のノートを書いたり読んだりする必要がありません。

他のことをしながらでも、聞き流しで学習できます。

レッスンを録音して聞くと、会話中は無自覚な自分の間違いや、クセに気づけるからです。

英語を改善して上達するには、自分のミスに気づく必要がありますよね。

その点、録音なら

  1. 発音
  2. 文法
  3. 構文
  4. 語彙
  5. 発声

など、自分の英語を様々な角度から振り返るのに有効です。

レッスンの音声を聞きながら、「あの時もっとこう言えば良かった」

と思い出しては、くやしい気持ちと結びつくので、記憶にも残りやすくなります。

録画を見て教材や表情などを見直す

オンライン英会話の復習として、録音のみならず、レッスン録画を見返すのも効果的です。

ビデオで振り返れば、使用した教材を手軽に見たり読んだりできますね。

講師のアドバイスや会話の内容と共に、テキストも見られるので心強いです。

・合わせて録画では、会話時の口の開け方と共に、表情までも映像で確認できます。

・このやり方も、レッスン録音と同じく、見るだけで勉強になるのが嬉しいですね。

わたしの場合、自分のよくない部分が、強く脳裏に焼きつくため、効果ばつぐんです。

(あと逆に、意外と楽しそうに会話している自分を観て、安心したこともありました。)

復習ノートを作るのが辛くて続かない時は、録画を見直すだけでも大丈夫だと思いますよ。

発音が良くない所を見つけ練習する

発音を復習する際は、録音したものを聞きながら、良くない音を特定するとよいです。

苦手な発音となると、改善に少し時間を要するかもしれませんが。

まずは自分ができない部分を知らないことには、改善や克服のしようもありませんね。

録音を聞き返してみると、「問題ない」と思っていた発音さえ、意外と間違っていたりして。

わたしも、録音や録画による復習で、変なクセがついている発音をいくつか発見しました。

それでも意味は通じるため、通常どの講師からも、強く指摘されない場合が殆どです。

先生の立場からすると、「会話中の発音から学んでほしい」という意図もあると思います。

そんなわけで、時には自分で自分の間違いを正すことも、英語上達のコツと実感しました。

以来、会話時は気をつけて、よくない部分を徐々に改善しているところです。

聞き取れなかった英会話を聞き返す

録音を使った復習方法のよいところは、他にもあります。

それは、レッスンで聞き逃した英語を、後からゆっくり聞き直せることです。

会話中は、質問に答えたり、話すことに精一杯で、意外と英語を聞き落とします。

あるいは、リスニングに問題なくても、話された内容は時間が経てば忘れていくものです。

・そんな時、録音した会話を聞き返せば、新たな発見があり、聞くだけでも勉強になります。

・できなかった会話を反省しながら振り返ったり、楽しかった会話を懐かしく思い出したり。

と、いずれにせよ、リスニングで脳に焼きつけながら、英語の反復学習ができます。

慣れないうちは、自分の声がすごく変に聞こえることもあるでしょう。

けれど、慣れてしまえば、耐えられるようになります。

手間もかからず、簡単な復習方法なので、恥ずかしがらずに試してみるとよいですよ。

ノートの単語や表現から例文を作る

その他、気軽にできる復習方法として、オンライン英会話のレッスンノートもあります。

レッスンノートとは、一言でいうとレッスン履歴にあるコメントことです。

スクールによって、仕様は少しずつ異なりますが...

・どのオンライン英会話でも、レッスン後に講師から、コメントらしきものが届きますよね。

・その枠内で、覚えた方がよい単語やフレーズがあれば、書き写さずそのまま読み返します。

(※コメントが無ければ、チャットボックスやビデオを見直すだけでもよい)

そうすれば、いちいち紙のノートを作る必要もありません。

このやり方だと、スマートフォンからも見られ、移動中の隙間時間でも勉強できます。

・忘れてしまうのが心配なら、ノートの単語やフレーズで、例文を作る方法もおすすめです。

・レッスンノートは意識して何度も見返し、最終的に暗記するまで続けると効果が高まります。

ここまで英会話の復習方法を、いくつか見てきましたが、どうでしたか?

何か、続けられそうな方法はありましたか?

なお、上記のやり方は、全て同時に行うことを、おすすめするものではありません。

必要に応じ、その時々で、自分に合う方法を取り入れると効果的です。

あなたに良さそうな復習方法があれば、ぜひ取り入れてみてください。

 

ろっく
ろっく
色んな方法で試してね~

 

わたしもまだ、オンライン英会話は続けるので、引き続き勉強法を工夫していきます。

レッスンを受けて何か気づいたら、その時はお知らせする予定です。

というわけで、また。