通訳ガイド

通訳案内士の勉強時間は受験するなら平日と休日に○○時間で決まり

今年は、通訳案内士を受験しようかと考えています。

だけど今から勉強時間を作って受験...日々の事をしながら大変な気がする。

合格するには何時間、勉強すれば良いのだろう?

そんな疑問を持っていませんか?

 

ともみ
ともみ
受験生活を経験した、わたくしがお答えします

 

いちおう合格し今は、ご依頼に応じ稼働する通訳案内士です。

※勉強時間ご提案は、平日にフルタイム勤務(土日で週休2日)で、適度に自炊する場合を想定します。厳守が難しい場合、状況に応じてお役立てください。

通訳案内士の勉強時間は平日と休日で


平日は5時間勉強

通訳案内士の勉強時間は受験するなら、平日は5時間を目安にすると良いですよ。

日中は仕事があり大変ですが、合格するよう全力で取り組みます。

学習に充てる時間帯を、あらかじめ決めておくことがポイントです。

「時間が余ったら学習しよう」と構えている限り、5時間もの勉強時間は作れません。

資格取得を叶えるのに使う時間は、意識して作るものなので...

「あらかじめ取っておく」といった感覚で、限りある1日24時間のどの部分を学習に当てるか決めておきます。

通訳案内士の受験対策の一例

通勤時間の使いかた

  • 公共交通で参考書を見ながら移動
  • バスや電車の待ち時間も学習
  • イヤホンで音声学習も可能
  • 車通勤であれば車内で音声を流す

移動の待ち時間は、1分でも1秒でも学習に充てられます。

昼食休憩

  • ランチは可能なら一人で取る
  • 食事の手間や移動は極力抑える
  • 食事しながら音声や参考書で学習
  • 残りの休憩時間も勉強

帰宅時間

  • 可能な限り定時で切り上げる
  • 残業は長引かないよう注意
  • 自宅まで寄り道しない
  • 朝と同じく移動中も学習

夕食時間

  • 夕食の手間は極力抑える
  • 栄養とバランスは大切にする
  • 食事はできるだけ手短に
  • 食後はすぐに気持ちを切り替える

といった感じで、上記以外でも全てを学習に費やします。

気分がスッキリしない時は、こんな本も参考になるかと。

『勉強法BEST』安河内哲也/著

その他、入浴中も工夫次第で時間を作ることは可能です。

教材を浴室に持ち込めない場合、覚えた内容を思い出すだけでも効果はあります。

要は一日のうちで、ぼんやり過ごす時間を持たないことですね。

平日に忙しくても、合格を目指すなら最低2~3時間は学習が必要です。

受験合格を最優先に、自分なりの工夫を諦めないようにします。

休日は10時間勉強

通訳案内士の勉強時間は受験するなら、休日は10時間が目安です。

休みの日は、全て受験合格のために存在すると考えます。

※当ブログ運営者の体験に基づき算出した勉強時間です。受験当時の自分のような人のヒントになればと思い、書きました。

休日の勉強時間の取りかた

  • 休日に遊びの予定を入れない
  • 外出は可能な限り控える
  • 人付き合いは極力抑える
  • 有給休暇も最大限に活用する

休日は朝起きて、ありとあらゆる時間を学習のチャンスとみなします。

どうしても避けられない人付き合いがある場合、月に1回までと決めておきます。(受験までのことなので、悲しまないでください)

どうでしょうか?

再現できそうですか?

わたしは頭が良くない方なので、休日は10時間以上の学習が必須でした。

「それくらいしないと、自分は絶対に落ちる」と危機感を持っていたからです。

そして、邦語科目は半年以内で全て合格しました。

 

英語が長引き、結局3回も受験する顛末になりましたが…地理・歴史・一般常識には落ちたことがありません。(通訳案内の実務は当時なし)

 

人によって諸事情あり、時間が取りづらい場合もあるかとは思います。

状況に応じて、少しでも何かのヒントしていただければ嬉しいです。

ここからは、使える時間を増やすための方法をご提案します。

勉強時間を伸ばして通訳案内士に合格

食事の時短

通訳案内士の受験準備ためには、食事はできるだけ時短で行います。

無理をして急いで食べるということではなく、必要以上に長引かせないのがポイントです。

けれど、受験に向け夕食の栄養とバランスは大切にしたい。

作ってくれる人がいるなら、それを食べれば問題ないのですが...

 

ろっく
ろっく
作るなら時短メニューで!

 

調理を短縮するには

まとめて作り置き

  • ご飯は炊きたてを小分けして保存
  • 味噌汁はスープを具材でアレンジ
  • カレーやシチューなど温めるだけのもの
  • 鍋のようにひと手間で作れるもの

など。

『つくおき~週末まとめて作り置きレシピ』nozomi/著

厳しく言う人がいなければ、調理の手間は減らす方向でいきます。

味噌汁を作り置く場合、豆腐など傷みやすい食材は食べる時に入れて温めれば大丈夫です。

味噌汁(具なし。玉ねぎは煮込めば3日ほど大丈夫)をまとめて冷蔵保存しておけば、具材アレンジで数日分の時短ができます。

あと、こんなレシピも心強いです。

『世界一美味しい手抜きごはん 最速やる気のいらない100レシピ』はらぺこグリズリー/著

他には、食材宅配やミールキットなど活用をすれば、献立を考える手間が省けます。

手間を無くしつつ、栄養バランスを保つことができます。

さらに時短できる

  • 食材宅配サービスを活用
  • 買い出し時間を節約
  • ミールキットを利用
  • 献立を考える時間省略

といった感じで、手間暇や意思決定の労力を節約できますよ。

家事の時間も勉強

通訳案内士の勉強時間を作るためには皿洗い、掃除洗濯もできる限りまとめて行います。

その間も、学習は諦めず継続可能です。

音声教材でのインプットや、暗記内容を思い出すアウトプットのため活用できます。

覚えたことを意識的に考え続けるだけでも効果的です。

いかなる時も頭の中で、学習を続けていきます。

外出は控えめ

通訳案内士の勉強時間を優先するなら、外出は控えめにします。

職場の集まりは、無理のない範囲で参加辞退です。

それでも、送別会や歓迎会など、どうしても断れない場面もありますよね。

その際は参加し、タイムリミットを決めておくと良いです。

(前もって幹事さんに伝えておき、夜10時を過ぎて長引きそうなら退出するなど)

帰宅後は30分ほどの隙間でも、もちろん学習します。

ポイントは、一日も休まずに勉強時間を確保し続けることです。

今日だけは特別、としてしまうと学習の習慣化はできませんからね。

あと、通訳案内士の受験に関しては声高に言わず、わたしは合格後に事後報告でした。

(30歳を過ぎて突然に英語をやり直したもので、いきなり通訳案内士とか本気にされないと思いまして…)

通勤時間の見直し

通訳案内士の勉強時間を取るためには、通勤距離は短いほど良いです。

時間の確保がどうしても難しいならば、環境を変えて挑戦する手もあります。

今の仕事に執着が無ければ、通勤時間の短縮と受験対策のために、転職するなどです。

ただ、勉強時間が取れないという理由で、いきなり仕事を辞めるのは賢明ではないと思います。

仕事に行かなければ生活リズムが乱れ、かえって悪影響が出る恐れがあるからです。

わたしは、合格までは前職で務めようと決め、仕事しながら通訳案内士の受験を続けました。

一生懸命に捻出した勉強時間に有難みが生まれ、あまり無駄にもしませんでした。

時短勤務、アルバイトなど就業形態はどうあれ、多少なりとも収入や生活リズムを担保しながら、受験を進めるのが良いと思います。

現職と受験の両立が余りにも辛い場合は、転職など視野に入れる手もあるかと思います。

(安定した収入を得ている場合、受験のためだけの転職はおすすめいたしません。失うものが無いと感じるなら、逆にチャンスな気がします)

ということで、まとめです。

通訳案内士の勉強時間は?

受験するなら...

  1. 平日に5時間
  2. 休日に10時間
  3. 家事や食事は時短で
  4. 外出や付き合いを抑えめに
  5. 受験しやすい生活リズムに

こんな感じで、勉強時間は作れそうでしょうか?

不器用なわたしでも、通訳案内士に合格することができました。

あなたなら、きっとできると思うのですが...