英語学習

【初心者向け】大人30代のための英会話による勉強法

大人で30代だけど「英語を話せるようになりたい」と思っている人いますか?

30代から中学英語をやり直した、わたしもそのパターンでした。

大人の初心者としてやり直し、今はいちおう通訳案内士です。

というわけで今回は、英会話の初心者だった30代で実践した、勉強法をお伝えします。

【初心者向け】大人30代のための英会話による勉強法

30代から英会話を初心者としてやり直した身の上です。

20代の時に外国人から英語で話しかけられ、苦い思いをしたことがあります。

内容は簡単で意味も理解できたのに、わたしには英会話ができませんでした。

答えたい内容はあっても何も言えず、言葉を理解していないと誤解されたようです。

悲しそうな顔で「僕の英語は難しいかな?」と言われ、「難しくない」と心の中で思ったものの、それさえも言えませんでした

それほどまでに、英語が話せませんでした。

30代の大人から英語やり直し

それから少し後になり、31歳から大人のやり直し英語で勉強を始めました。

勉強法で意識したのは以下のことです。

  • 中学英語を始めから全部やり直し
  • 会話で使う前提で文法を理解する
  • 文中の単語も会話で使うため暗記
  • 現在・過去・未来の時制を覚える
  • 学んだことを会話で通じるか試す

中学英語からやり直したのは、「30代の大人として、揺るぎない英語を話せるようになりたい」と思ったからです。

方法は英文を暗記するのではなく、文法を理解するよう心がけました。

使用したのは、自分が中学生だった時に使用していた教科書です。

※ホライズンとクラウンなのは、中学2年で教科書が変わったため。(教科書を自分の意志で変えたわけではない)

大人が中学英語をやり直す場合、理解しやすい教科書(参考書)による勉強法がよいです。

文法は心配だけど、今さら中学教科書は無いかな...と気乗りしない人には、わたしが厳選した『コウペンちゃんと中学英語をおさらいする本』をおすすめします。

『コウペンちゃんと中学英語をおさらいする本』

この本は、可愛いけど全くあなどれません。わかりやすく本当によくまとまっています。

30代から英語をやり直したわたしの、本気のおすすめ本です。

また、時として下記のような批判を耳にすることがあります。

  • 学校で教わる英語は使えない
  • 英会話は自己流で楽しめば良い
  • 教科書英語は勉強しても役に立たない
  • 英会話に文法など必要ない

わたしの場合、それには少し反対の立場です。

やり方次第で「文法にていねいな英会話は強みになる」と信じているからです。

たとえばの話ですが、「言葉を使う」行為は、スポーツや音楽に似ていると思いませんか?

一流選手は自由にフィールドを駆け、個性的なプレイで観客を魅了します。

才能豊かな音楽家は、独自の演奏や歌声・メロディで聴き手の心をつかみます。

ですが考えてみれば、スポーツはいつもルールにのっとって行われ、音楽は全て音階やコードといった決まりのもとに成り立ちます。

言葉だって、同じですよね。

語学にせよ、スポーツ、音楽にせよ失敗しないコツは「ルールを無視すること」ではなく、「ルールを自由に使いこなすこと」ではないですか?

ということで、30代の初心者には、英会話の決まり(文法)からやり直しをおすすめします。

わたしも、一から勉強し直すと決めた日から毎晩、中学用教科書を勉強しました。

始めからていねいに勉強し直したのは、忘れてしまった文法を思い出すためです。

分からない文法があれば、改めて学び直す狙いもありました。

そうやって、中学1年生から中学3年生の現在完了形あたりまで、半年ほど勉強しました。

勉強時間は1日2時間くらいだったと思います。

30代で大人の初心者は勉強法として英会話を

30代のやり直し英語の基礎ができた頃、勉強したことを英会話で使ってみたくなりました。

ネイティブスピーカーと話せる場を探しつつ、英会話スクールは気が進みませんでした。

目的は「教わること」ではなく、”やり直し英語”が「通じるかどうか試すこと」だったからです

ばくぜんと英語を話すために課金して語学スクールに通うのは、何かが違うと思いました。

というわけで、内容に納得して無駄なく無理なく続けられる教室を探すことしました。

話せる英語が高度ではないため、初心者でも参加しやすい雰囲気も大事でした。

自分の力が通用するのか確かめたく、講師はネイティブスピーカーのクラスを探しました。

クラス選びの基準で役立ったのは、以下のことです。

30代やり直し英会話のポイント
  • 英会話クラスは「教わる」よりも「会話力を試す」目的で探す
  • 自分にとって負担にならない料金と時間帯のクラスを活用する
  • 英会話に課金した分はしっかり回収する意識で主体的な参加を
  • 「料金回収」とは、あなたが「英語を話せるようになる」こと
  • 今の力を試しつつ成長するために難し過ぎないクラスを選ぼう

そして見つけたのが、とある国際交流団体の英会話講座です。

30代で勉強をやり直し始めて半年が経ち、32歳になっていました。

30代からの初心者やり直し英会話

30代からのやり直し英会話でクラスに入ったのは、わたしが初心者で32歳の時です。

通い始めた英会話クラスは、国際交流を本来の目的としていました。

近くの大学に通う留学生や外国人研究生とその家族が講師を務め、「英語のお喋りを和やかな雰囲気で楽しむ会」といった感じでした。

クラスには、いつも7~10名の生徒が参加。年齢層は20歳代~60歳くらい、大学生、主婦、会社員と様々な人達の集まっていました。

わたし達の講師は30歳くらいのアメリカ人女性で、旦那さまが研究のため大学院に留学したのに伴い、日本に住んでいるとのことでした。

年齢が自分と近い女性であることが、わたしには嬉しく感じました。

大人の女性にふさわしい英語を話すロールモデルが欲しかったからです。

料金も1レッスン(1時間30分)の受講につき1,000円で、それなら高くないと思えました。(※現在は1レッスン1,100円になっているようです。それでもお得ですよね)

レッスン料を払い込んでから「期待していたのと違う」と悔やみたくなかったため、お試し(有料でレッスン料金一回分)で授業が受けられたのも良かったです。

1回1,000円のお手頃価格だったのですが、大人のやり直し英語で1円たりとも無駄にしたくないという執念もありました。

それを思えば、出せる範囲で出費するのも、英会話上達には役立つ気がします。

今の時代であれば、オンライン英会話など、もっとお得な料金で勉強できる方法は様々です。

(わたしが勉強をやり直した時は「オンライン英会話」は普及していなく、リーズナブルな英会話を一生懸命に探しました。その点、今の学習者は恵まれていると思います)

これからやり直す初心者なら、オフラインで集まる英会話にこだわる必要もありません。

通学時間など無くすなど、負担が少ない勉強法を、上手に利用すればよいと思います。

大人の英語やり直しポイント
  • ネイティブスピーカーと話して自分の英語を試す
  • 講師は尊敬できて得るものが多い人を選ぶとよい
  • 日本人どうしでも気にせず英語でたくさん話そう
  • ネイティブ講師のほか多国籍な場面で英語利用を
  • 英会話で気づいた自分の弱点は少しずつでも直す

しかしながら、自分にとってグループレッスンで得た学びは一生の宝物です。

入れて頂いたクラスはとても和やかで、「勉強会」のような堅苦しさはなく、成長を感じながらも「楽しくお喋りする会」といった雰囲気でした。

初心者の力試しもでき、他者の中に身を置いて、自分の勉強法の弱点も分かりました。

わたしの場合は、語彙力が圧倒的に足りなかったです。

中学教科書を読み込んでいたので、初心者レベルの文法に大きな問題はなかったものの、クラスメイトの話に出てくる単語が、分からないことがよくありました。

悔しい思いをした単語は不思議と記憶に残り、一人で暗記するより効率的でした。

30代からのやり直し英会話では、挫折を防ぐために辞書も使いやすいものに替えました。

ですが、やさしい英会話だけに頼っていても、あまり成長は見込めません。

それを機に暗記を軽く見ていた勉強法を改め、語彙を増やす学習に力を入れ始めました。

クラス周辺の勉強に関しては、国際交流ということで、初心者ながら楽しくできました。

ネイティブ講師以外にも、様々な国の人と外国語で話すことができ、それも良かったです。

30代大人の中学英語やり直し勉強法

当初は30代からやり直しなんて、英会話についていけるのか?と不安でしたが、自分以外の英語学習者から学ぶことって、意外とあるものです。

クラスメイトの中に、とても熱心な30代の学習者がいました。

世話好きのリーダータイプで語学力も他の人とは段違いに高かったです。

「外資系の会社員で、普段から語学必須の環境なのかも」と勝手な憶測をしていました。

予想に反して、彼女が英語を話せるようになったのは仕事と一切関係がなく、大人になってから国内で培った語学力であるとのことでした

その姿に、同じ女性として感銘を受け、大きな希望を見出しました。

留学経験や外国語の就業歴がなくても、30代の大人初心者からのやり直しでも、外国語は話せるようになると確信できたからです

ところで、わたしには英会話クラスに参加するにあたり、自分に課していたことがあります。

30代の初心者ながら、英会話の場では全て英語で話すということです。

その甲斐あって日本人のクラスメイトとはレッスンが終わった後も、日本語で話した記憶がほとんどありません。

逆に日本語で会話する方が、不自然で落ち着かない感じでした。

最初は日本語交じりで話していたクラスメイトも、わたし相手だと次第に英語だけで話してくれるようになり、その時の英会話クラスには今でもとても感謝しています。

初心者だから日本語を交えてよいという甘えは、一貫して自分に許しませんでした。

本当に英語を話せるようになりたいなら、時にそうやって自分を追い込むことは必要です。

半年ほど通い日常英会話に不安がなくなった時点で、そのクラスは卒業しました。

初心者から、次のレベルに移る時が来たと感じたからです。

大人のやり直し英語は30代も間に合う

30代で初心者の英会話からやり直したわたしですが、中学レベルの英語をしっかり勉強したことが、英語を話すようになれた一番のコツだったと思います。

在学当時の成績はともかく、大人になってからやり直そうと決めた時、中学英語を足がかりすることで英会話が実現できたからです。

そんなわけで、義務教育で一度は学んだ内容を大人の初心者として運用するコツをつかめば、やり直しは十分にきくとわたしは確信を持っています。

これから英会話を勉強し直したい大人の初心者は、今現在も大勢いるでしょう。

そんな大人の初心者には「中学レベルの文法を軽く見ないで、勉強を丁寧にやり直すと大きな成果が得られますよ」とお伝えしたいです。

英語を話せなかった過去は変えられませんが、英語を話す未来を手に入れることは、諦めずに勉強すればできます。

その証拠に、わたしは初心者から勉強をやり直し、通訳ガイドになりました。

今はまだ初心者で成長がゆっくりでも、続ければ未来は確かに変わっていきます。

大人の英語やり直し勉強法(初心者編)
  1. 中学英語の基礎文法を軽く見ないで復習を
  2. 会話に必要な単語を意識して増やす勉強も
  3. 初心者から英語を話す場を必ずもうける
  4. 覚えた文法と単語は会話の中で必ず使う
  5. 英語友達を作ってお互いの力を高め合う

中学英語をやり直して、あなたは今後どんな風に変わっていくでしょうか?