英語学習

洋楽でリスニングにおすすめアーティスト30曲【本気で選びました】

洋楽でリスニングにおすすめのアーティストを探している人いますか?

わたしも英語のリスニングを洋楽でしたいと思ってました。

大好きな歌手やアーティストを聴きながら、英語の引き出しも増やせたら最高ですよね。

 

ともみろく
ともみろく
ということで今回は、おすすめの洋楽について書きます

 

当サイト運営者は、音楽と英語が大好きな通訳案内士です。

数ある楽曲の中から今日は、心を込めて30曲だけご紹介します。

洋楽でリスニングにおすすめアーティスト30曲【本気で選びました】

英語のリスニングを洋楽でするのにおすすめのアーティスト30曲です。

様々な国(英語圏)の歌手やバンドの中から楽曲を取り揃えてみました。

Biffy Clyro - Bubbles

Biffy Clyroはスコットランド出身のアーティストです。英国で大人気のバンドで、美メロでたたみかけてくる歌詞に一瞬「うっ」となります。が、英語はそれほど難しくないです。

文の構造はシンプルなので、耳を澄まして聞いてみて下さいね。他の作品でハードな曲もあり、気に入った歌などあれば覚えて一緒に絶叫してみてください。

Christina Perri - A Thousand Years

Christina Perriはアメリカ人歌手です。ゆっくりで美しい英語がリスニングにおすすめです。一曲目でわりと畳みかけたので、ほっとできる癒しの一曲を入れてみました。

他の作品でも発音が聴きやすいです。

Rihanna - Diamonds

Rihanna(リアーナ)はバルバドス出身のアーティストです。知性的な歌声と聞きやすい発音が魅力。歌詞は深淵ながらシンプルな言葉使いが多く、リスニングしやすいです。

女優やモデルとしても活躍。16歳でアメリカへ渡ったそうです。

Shawn Mendes - In My Blood

カナダ出身の歌手Shawn Mendesの曲も聞きやすい英語で、リスニング向きです。叙情的な表現で感情を揺さぶられる分、記憶にも残りやすくなる気がします。

映像に見とれて歌詞が入らなくなる恐れも若干ありますが...オフィシャルMVもご覧あれ

Sky Sailing - Brielle

Sky SailingはОwl CityのAdam Youngと同じアーティストです。全ての楽曲で英語が聞きやすく、アメリカ英語が好きな人におすすめ。柔らかな“R”の発音が心地良い。

この声が気に入った人はОwl Cityも必聴です。

Travis - Sing

スコットランド出身のおすすめバンドTravis。イギリス英語で、“R”の発音があまり強過ぎない洋楽のリスニングをしたい人におすすめです。

メロディーには哀愁が漂いつつも覚えやすく、歌詞も無理なく入るかと思います。やや哲学的なところがあり、解釈の泥沼にハマり過ぎないよう注意です。

Sara Bareilles - Brave

Sara Bareillesはアメリカの歌手です。心温まる内容。

聴いていると何となく勇気が出ませんか。

Miranda Lambert - Bluebird

Miranda Lambertは米国のカントリー歌手です。ゆっくりの曲調で、アメリカ英語の発音を堪能できます。甘いようでいて、どこか辛辣な歌声と歌詞が魅惑的。

歌詞の聞き取りは、あまり解釈に走り過ぎず楽しむのがコツかと思います。

Marvin Gaye - What’s Going On

米国の歌手Marvin Gaye。スタイリッシュでかっこいい音楽と歌声。だけど歌詞は深遠。明るく軽快に歌っていて、悲しい歌をそのまま悲しく歌うより遥かに訴える力があります。

マーヴィン・ゲイはずっと前から大好きですが、音楽のかっこ良さばかりに気を取られ、歌詞に込められた願いに気づけていなかった。そんな自分が恥ずかしい。

Bridgit Mendler - Top of the World

Bridgit Mendlerはアメリカの歌手で女優です。落ち着いた雰囲気がいいですね。英語も聞きやすいように思いますが、どうでしょうか。難しいですか?

だけど時には、自分にとって少し難しい作品を聞いてみることも大事かと。

その方が英語力は伸びると思うので。(分からない部分は歌詞を見て学べば大丈夫です)

さて、ここまで10曲どうでしたか?愛着を持って繰り返し聴ける洋楽はありましたか?

もう少し別の曲もご紹介したく、まだ続きがあります。

もしもよかったら、次のおすすめアーティストもご試聴ください。

 

次の洋楽10曲へ進む

 

ろっく
ろっく
聴いてね