通訳ガイド

ドイツ語の通訳案内士の仕事の取り方で有効だと思うこと

これまでに、何度かドイツ語の通訳案内士とお会いしたことがあります。

そこで数名の様子を拝見し、不思議に感じることがありました。

 

ともみ
ともみ
ということで今回は、通訳案内士(ドイツ語)の仕事の取り方について思うことを書きます

 

当ブログ運営者は英語の通訳案内士です。

過去にガイドの現場や研修会で、ドイツ語の通訳ガイドさんと何度かご一緒しました。

ドイツ語の通訳案内士の仕事の取り方で有効だと思うこと

ドイツ語の通訳ガイドさんって、お仕事の入り具合はどんな感じだったでしょうか?

まだガイドの依頼を入れられる余地がありませんでしたか?

だとしたら、仕事の取り方を見直して、稼働日を増やせるといいですよね。

通訳案内士(ドイツ語)の依頼の増やし方ですが

これから提案する仕事の取り方はドイツ語のガイドをしているけれど、もっと仕事が増やせたらと思われる通訳案内士さんには有効かと思います。

やり方は、とても単純で、「そんなことで本当に?」と思われるかもしれません。

けれど、ガイドのきっかけは案外とても単純なことから増えたりするものです。

ドイツ語の通訳案内士さんならではの単純な方法

通訳案内士の仕事の取り方というと、一般的にはマッチングサイトやエージェント登録かと思います。

あるいは自分でサイトを運営し、直に依頼を受けるガイドさんも、中にはおられますよね

ですが、エージェント探しやサイト運営って、けっこうな労力が要ります

そこで思うのは、ドイツ語の通訳案内士さんなら、もっと単純なやり方で効果的に依頼を増やせるかもしれないということです。

その方法について、今回は解説します。

通訳ガイドでドイツ語の仕事を増やしたいと思ったならば

通訳案内士の仕事の増やし方ですが、ドイツ語のガイドさんであれば、そもそも需要が少ないという現実があるかもしれません。

けれど、「少しの工夫で今よりは仕事が取りやすくなる」と当ブログ運営者は考えます。

~注意書き&目次から後は有料となります~

※1.当ブログの過去記事を全てお読みいただいて、何となく想像できた方(もう実践していると思われる方)には、購入はおすすめしません

※2.以下の方法は、日本にインバウンド需要が戻ってきた際、特に効果的なやり方です(インバウンド規制中に、仕事したいと思われる方のご期待に沿う内容ではありません)

上記2点にご注意ください。

ここから先の目次

・ドイツ語の通訳案内士が仕事を増やすのに効果的な裏技
・通訳案内士どうし「横の繋がり」とは何を意味するのか
・お会いしたドイツ語の通訳案内士に対し思っていたこと
・ドイツ語の通訳案内士が取るとよい具体的な行動とは?
・仕事を増やしたいガイドにとって必要不可欠なことは?
・知らず知らずのうちにチャンスを逃していることもある
・これからさらにドイツ語のガイドで稼働を増やすために