英語学習

30代から英語を話せるようになりたいのは完全に手遅れじゃないです

30代から英語を話せるようになりたいのは、完全に手遅れではないですよ。

わたしが話すようになったのも、30代だったから。(確か31歳と10か月くらい)

当ブログ「ともみろく」運営者は30歳を過ぎてから、英語をやり直しました。

それから後に国家試験に合格し、今は通訳案内士です。

30代から英語を話せるようになりたいのは手遅れじゃないです

英語を話せるというと、おこがましいですが、30歳を過ぎてから話すようになりました。

「20代でやり残したこと」として、やはり「英会話」が気になっていたのだと思います。

それで、30代から自分の意志で勉強を再開しました。大人のやり直し英語ってやつです。

30代から英語を話せるようになりたい?

30代から英語を話せるようになりたいあなたに、どんな事情があるのか分かりませんが

30歳からの英会話、全くもって手遅れではないですよ。もしも手遅れだったとしたら...

わたしが通訳案内士の国家資格を取れたことの説明がつかなくなります

試験に合格後には、いちおう通訳ガイドとして稼働しました。

そして、このブログに書けるだけの経験はしました。(詳しくは通訳ガイド記事をどうぞ)

30歳を過ぎてから英会話だっていいじゃない

今現在、30代のあなたは、もしかして学生時代に英語が好きだったのかもしれません。

あるいは、苦手意識があって、だから今から英会話をがんばってみたいのかもしれません。

わたしは、10代の頃から英語が好きで、英語が話せる大人になりたいと思っていました。

しかしながら、その頃のわたしは語学学習について、ほとんど無自覚でした

「いつか英語を話せるようになりたい」という淡い期待を胸に、いつも受け身の勉強だけをしていました

あの時は若くて、自発的に勉強することの意味を何も分かっていなかったし。

(受け身というのは、英文法の「受動態」ではなく、学習態度のことです。念のため)

ですが語学って、与えられた課題だけを与えられるままに勉強していても、話せるようにはなりません

必要なのは、「自分の課題に対して、どれだけ積極的に動けるか」「自分の不足に気づき、どれだけ改善できるか」だからです

けれど、考えてみれば、30代は「自分の意志による勉強」をするのに、ちょうど適した年齢だと思いませんか?

10代から20代、そして30代と年を重ね、誰にだって自分なりの経験や反省があるから。

30代からの英会話を始めるなら確認してほしい

とはいえ、何をどうすればよいか分からないというのが、今のあなたの課題かもしれません。

だったら、初心者の頃わたしが実践したように、基礎のやり直しから初めてみませんか?

だからといって、いきなりの英会話(準備なしの開始)は、おすすめしませんよ。

まずは、あなただけで基礎の独学がおこなえるか、中学英語の学習書を読んで、確認してほしいからです

今お手持ちの教科書があれば、その本の初めの章をざっと読んでみてください。

まだ教科書も参考書もなければ、「コウペンちゃんと中学英語をおさらいする本」をおすすめします。

この本は、これ以上は無いくらい、親切に分かりやすく書かれている学習書です。

それで中学レベルの文法を見返して、ほとんど何も理解できない場合は...

少し厳しい言い方になりますが、基礎の独学はしない方がよいです。(誰か先生を見つけて一緒に勉強してもらってください)

ということで、「初心者に必要な基礎を独学できるか否か?」を、まずは確かめるべく、中学レベルの学習書を読みます。→お手持ちの本かコウペンちゃんでチェック

確認ができたら30代からの英語学習スタート

どうだったでしょうか?学習書を読んで、内容は大まかに理解できましたか?

30代から英語を話せるようになりたいあなたに、当ブログ「ともみろく」は、できる限りの自走をおすすめしたく、中学英語の確認は必ずしてほしいと思っています

自分は学生時代に英語が得意だったから、中学英語は復習しないというのは無しですよ。

今現在も英語が話せないということは、中学英語を真の意味で理解していない、ということなので。

また、やさしい学習書を読んでみても、どうしても理解できない場合は、誰かに教えてもらう必要があります

その際は、ネイティブスピーカーではなく、日本人の先生を選ばれた方がよいです。

英語を30代から話せるようになりたいと思うだけでは足りないので

ここからは、30代のあなたが英会話のための独学を、ひとりで何とかできそう(完璧でなくて大丈夫です。分からないから勉強しているので)という前提で進めます。

下記は、「英会話をするための準備」のための学習です。

学習書を理解しながら読む

30歳を過ぎてから英会話ということで、会話するなら、言葉の蓄えがないと困ります。

そこで必要となるのが、基本的な言葉を貯めることです。貯める=教科書を読むことです。

この学習は、先ほどおすすめした「コウペンちゃん」か、お手持ちの教科書でできます。

学習書を読み進める際は、以下のことを意識的に行ってください。

  1. 現在・過去・未来の区別ができるようになること
  2. 肯定・否定・疑問の区別ができるようになること
  3. 相手に質問するための文も作れるようになること
  4. I,YouとHe,SheやWeの用法を区別して使うこと
  5. 英語らしい語順の決まり(文法)を理解すること

文法ルールを覚えるためには、上記のやり方を必ず守ってほしいと思います。

覚えると言うのは、機械的に暗記するという意味ではありません

学習書を読み進めながら、ひとつずつ英語の決まりを理解していく感覚です。

そうやって、言葉の蓄えを作っていきます。(会話時に脳内から取り出すため)

声に出して(書いて)言葉を取り出す

さて、上記の学習で30代からの英会話のための、言葉の蓄えができたでしょうか?

基礎的な言葉の決まりを覚えたら、次はそれを使う練習をしてくださいね。

この段階で、英会話に移ると効果が上がるのですが、まだ勇気がなければ一人で学習を続けても大丈夫です

(わたしは、この段階で英会話を始めました。言葉は使わないと通じるか分からないので)

もしくは、職場や学校など身近なところに英語話者がいるなら、その人に話かけてみるのもよいです。(その際は、もちろん全て英語で)

  • まだ一人で練習したい場合は学習書に載っている英文を利用します
  • または、同じ勉強法で、準備しながら英会話を初めても大丈夫です

たとえば、’I study English.’という例文を、持っている本で見つけたとして...

それを全て①現在・過去・未来で、瞬時に表す練習をします。

全部一緒に行うのが難しい場合、分けて練習してください。(まずは現在と過去など)

・「声に出し迷わず言えるようになる」=「英会話で使える言葉の蓄えができた」状態です

・1秒で声に出して言うのが難しいなら、紙に書いて完成した文を見るのも効果があります

ノートは特に新しいものでなくてかまいません。使いかけや広告の裏紙で大丈夫です。

(目的は言葉を瞬時に脳から取り出すことで、後から見返すための勉強ではないので)

蓄えた言葉は使えるか必ず試す

さて、言葉を少しでも貯めることができたら、次はいよいよ英会話に入ります。

あなたは、30歳を過ぎてから英語を話せるようになりたい、と思っているのですよね?

だったら、何らかの形で英会話ができる場に身を置く必要があります。

まさか、どこにも何にも参加せず「話せるようになりたい」とお考えではないでしょうが...

言葉って自分一人の世界ではなくて、他者との関係の中で育っていくものです

だから、どんなに恥ずかしがり屋さんでも、必ず誰かに話しかける勉強もしてください

そして、「英語を話す他者」が目の前に現れるということは、「I」だけでなく「You」

「She」や「He」「We」までも使った会話のチャンスが広がるということです。

なので、自主学習で本に載っている例文を使った訓練も続けます。

英会話の準備として

  • 様々な主語を使った文で表す
  • 現在・過去・未来の文で表す
  • 肯定・否定・疑問の文で表す

※すべて1秒で声に出せるよう練習してください

「他者」って自分の思い通りには動いてくれないから、何かと大変です。だから、

よかったですね。一生懸命に脳内に貯めた、疑問や否定の英語を使う機会が増やせます。

音声教材で「聞く勉強」もする

英会話の準備は、基本的に紙の本で行えますが、勉強時間があまり取れない時は、音声教材も、上手に取り入れてみてはどうでしょうか。

今は初心者向けのオーディオブックなど豊富にあり、隙間時間で勉強したい大人の学習者にぴったりです。

30代のうちに英語を話せるようになりたいなら、今この瞬間の1分1秒だって無駄にはできません

わたしも30歳を過ぎてから英会話を始めた身の上で、その頃は語学が人生の最優先事項でした。

「形はどうあれ、40歳でプロの世界に身を置けていたらいいな」と何となく思っていて、1分1秒を惜しんで勉強した結果、今現在の自分があります。

(当時は100%日本語の司書。今は英語の通訳案内士)

こんな感じで、英語を使う職業でなくても、留学経験がなくても、30代からの英会話は話せるようになります

当ブログでお伝えする勉強法が、あなたの人生のお役に立てば幸いです。

というわけで、また!