下見旅行

韓国のりアーモンドならダイソーで買えるドウシシャのがおすすめです

100均のダイソーで買える、韓国海苔のアーモンドが、おすすめです。

味つけが美味しくて、何度かリピートしています。

 

ともみろく
ともみろく
というわけで今回は、ダイソー韓国のりアーモンドの口コミです

 

当ブログ運営者は、100均のおやつが大好きな九州の人です。

売り場で美味しそうなお菓子を見ると、つい味見したくなります。

韓国のりアーモンドならダイソーで買えるドウシシャのがおすすめです

ドウシシャの海苔味アーモンド(ダイソーで買える)って、美味しいですよね。

わさび味もおすすめだけど、のり味もおすすめしたく思います。

ハニーバターアーモンドで海苔味

ドウシシャのハニーバターアーモンドの姉妹品で、韓国のり味はもう食べましたか?

わたしは気に入って、ダイソーで何度かリピート購入しました。

パッケージの色合いが、わさび味と少し似ていますが、袋の色は濃い緑ではなく黄緑です。

黄緑色のパッケージの方が、韓国のり味になります。

味の感想はやっぱり美味しいです


韓国のりアーモンドの感想ですが、何度食べてもやっぱり美味しいです。

辛くないのかな?どんな味なのかな?

と気になりつつ、どこか日本人の味覚にも懐かしい味わいでした。

醤油味も利いていて、韓国の食品というより、日本のお菓子に寄せている印象です。

けれど、アーモンドで醤油と海苔の味つけは新鮮でした。

それで、つい夢中になって食べてしまいます。

韓国のアーモンド菓子のシリーズ

ドウシシャのアーモンド菓子(韓国原産)ですが、他にもダイソーで色々と買えました。

基本のハニーバターアーモンドはもちろん、他けっこうな種類があります。

  1. ハニーバターアーモンド
  2. わさびアーモンド
  3. 韓国のりアーモンド
  4. ハニーバターチーズアーモンド
  5. ハニーキャラメルアーモンド

個人的には、どれも美味しくておすすめです。

いわゆるスパイス的な辛さは無いため、辛いのが苦手な人も無理なく食べられます。

のり味については、はちみつの甘さよりは、醤油の塩味の方が優勢です。

なので、しょっぱいお菓子が食べたい人にも、おすすめできます。

ダイソーの韓国のりアーモンド(ドウシシャ)が美味しいのでリピート

ダイソーの韓国のりアーモンドがおすすめなのは、辛過ぎず美味しく食べられる所です。

いちおう韓国食品ではありますが、ピリッと辛い刺激は来ませんでした。

韓国海苔味アーモンドの原材料名

韓国のりアーモンド(ドウシシャ)の原材料名です。

原材料名

アーモンド(アメリカ産)、砂糖、海藻風味パウダー(食塩、粉糖、たん白加水分解物、ぶどう糖、果糖、ごま油)、コーンシロップ、植物油脂、はちみつ、昆布エキスパウダー、食塩、加糖れん乳、海苔、海苔パウダー、ドライイースト、しょうゆシーズニングパウダー、酵母エキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料、乳化剤、リン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、酸化防止剤(V.E.)、酸味料、(一部に小麦・乳成分・大豆・牛肉・アーモンド・ごまを含む)

※掲載した画像の海苔アーモンド&パッケージは、去年に購入して食べた分です。

先月、ダイソーで他のフレーバーは全て買えたのですが...

どういうわけか、のり味だけ売っていませんでした。(販売終了はしてないと信じたい。)

栄養成分表示によるカロリーなど


韓国のりアーモンドのカロリーは、栄養成分表示に記載されています。

栄養成分表示
1袋(32g)当たり

・エネルギー164kcal
・たんぱく質6.0g
・脂質9.0g
・炭水化物14.8g
・食塩相当量0.73g
※推定値

小容量の食べ切りパックが、いつもながら嬉しいです。

味がしっかりしており、少なくても満足感があります。

ドウシシャの輸入菓子なのだった

ダイソーでは外国の菓子を色々と買えますが、こちらはドウシシャの輸入菓子になります。

原産国名は韓国ということで、すなわち韓国のお菓子です。

わたしは初めて知って以来、ずっとダイソーでしか見たことがありません。

先月は、わたしはハニーバターチーズ味とハニーキャラメル味までも購入できました。

けれど、どういうわけか、韓国のり味だけが売っていませんでした。

販売終了をされたわけではないと思うので、見つけたら、また買って味わいたいです。

あなたもダイソーで見つけた時は、ぜひ味わってみてくださいね。

 

ろっく
ろっく
食べてみてね~

 

わたしも、別のフレーバーを食べながら入荷を待ちたいと思います。

というわけで、また。