通訳ガイド

通訳案内士はコロナで仕事がないので、しばらくは…

通訳案内士はコロナで仕事ないですね。

わたしも通訳案内士なので仕事がないです。

というわけで今回は、これまでをふり返りつつ、次の一歩を考えます。

通訳案内士はコロナで仕事がないので、しばらくは…

通訳案内士で仕事がないのは、誰もが同じかと思います。

新型コロナウイルス感染症の影響で、2020年はもう仕方がないですね。

通訳案内士の仕事がない2020年

「2020年の稼働はコロナの影響を受けるかも」と思い出したのは、わたしの場合1月末~2月の初め頃でした。

最近よく分からない難しい病気が流行り出している?とニュースを見て感じ始めた頃で、時を同じくしてツアーの日程が徐々に変更されていきました。

それでも催行はされるんだ、キャンセルは無いのかな?と思ったのもつかの間、ツアーは変更からキャンセルへ次々と切り替わり、案の定の結末でした。

春の仕事はもう無いなと諦めかけたところ、かろうじて残った依頼が少しあり、わたしは3月末まで稼働しました。

4月以降は怒涛のキャンセルラッシュで、皆さま周知の通りです。

2020年は仕事が全くないのか?

ですが2020年の春以降も、通訳案内士の仕事(ガイド)は、実際は全く無かったとは言い切れません。(外出制限の期間は除く)

というのも、コロナの影響下で稼働しておられるガイドさんが幾分かは見られたからです。

誰でも閲覧できる予約サイトに稼働の気配があり、通訳ガイドの需要は完全にゼロではなさそうです。

それとは別に、地元でこの秋1件だけガイドの募集(1日業務)も見かけました。

ということで、通訳ガイドを必要とする人はコロナ期間中でもいることが分かりました。

ただし依頼は激減といった感じで、稼働するガイドさんは感染のリスクを取って現場に出ておられると思います。

また、マッチングサイトへの登録自体を取り下げているガイドさんも見受けられました。

コロナで仕事がない通訳ガイドなので...

コロナの影響下で、通訳ガイドの仕事はないのですが、別の案件なら少しはあるようです。

しばらくは、通訳案内士でガイド以外の事をする人が、増えていくと思います。

通訳案内士のコロナ期の仕事

コロナで仕事がない通訳案内士ですが、身近なところでは、下記の需要が見られました。

・翻訳または通訳
・おもてなし英会話の先生
・オンライン講師
・外国語の受付または事務
・通訳案内士と関連がない仕事

コロナ期間でも、外国語(特に英語)需要は、まだ少しはある印象です。

語学や観光とは関連がないけれど、人手不足の仕事もあり、わたしもお声かけ頂きました。

コロナ後の通訳ガイドは?

残念ですが今のところ、新型コロナウイルスの社会的な収束は、まだ見えませんね。

わたしは、先の展開を3通り考えています。

  1. インバウンド回復で通訳ガイドの業務も元通り
  2. 従来とは違う形で通訳ガイドの需要が出てくる
  3. 最悪の場合、通訳ガイドという職業がなくなる

①についてですが、通訳ガイドの依頼が元に戻るとしても、回復までは何年もかかりそうです。

②について、オンライン需要や個人旅行/国内旅行へのシフトで、ガイドの形態も既に変わりつつあります。

なので②の形で活躍の場を広げるガイドさんが現実に即していると思います。

③については、本当に最悪の結末ですが、考えておいた方が良いです。

①~③でどの展開を迎えたとしても、最も大切なのは、「あなたやわたしが生きていける未来」ということなので。

この先あなたが少しでも生きやすくなるよう、有益情報を共有していきます。

というわけで、わたしは当面は、このブログの更新を続ける事にします。

当ブログの今後の予定ですが、これまで通り

  • 通訳案内士に興味がある人の役に立つ記事
  • 英語を国内で勉強したい人の役に立つ記事
  • 国内旅行を楽しくしたい人の役に立つ記事
  • 日本全国の名産品を探す人の役に立つ記事
  • 通訳案内士と関係ない人の役にも立つ記事

を軸に、その周辺で展開する予定です。

どういった事情でお立ち寄り下さったか存じませんが、ご覧頂きありがとうございました。

新型コロナウイルスの影響で通訳ガイドの仕事はないですが、わたしは絶望していません。

日々の業務を通じて、予想外の事態には慣れてしまっており、もう今さら驚きません。

ということで、今回は以上です。