英語学習

洋楽によるリスニング上達法5つの手順【失敗の原因はあれ不足ですね】

洋楽でリスニングをする勉強法について思うのですが...

上達しない原因はきっと、あれが足りてないからです。

というわけで今回は、洋楽でリスニングの効果を上げるべく

 

ともみろく
ともみろく
足りないものを補う勉強法を探ります

 

当ブログ運営者は、音楽と英語が大好きな通訳案内士です。

英語学習の記事を通じて、誰もが気軽にできる勉強法を発信しています。

洋楽によるリスニング勉強法5つの手順【失敗の原因はあれ不足ですね】

洋楽のリスニングによる勉強法って、あまり上達しないイメージですよね。

「こんな勉強法は意味ない」と失敗するに至る原因は?

わたしが想像するに、「ときめきが足りていないから」です。

何のことだと疑問に思われた方は、そのまま続きをお読みください。

勉強法①ときめく洋楽を探す

洋楽でリスニングして「意味がない勉強法」になるのは、どんな時でしょうか?

それは、洋楽を単に音楽として聞き流してしまった時、あるいは英語学習の義務感にかられるあまり、ときめかない音楽に手を出してしまった時です。

洋楽リスニングにおいては、「ときめく選曲」が最も外せない勉強法となります。

「ときめく」というのは、「あらがいがたく胸に響く」という意味で、恋するようなときめきとは限らず、その楽曲を聴くと何かしら喜怒哀楽の感情が揺さぶられる音楽のことです。

それでも「ときめく音楽って何だろう」「それってどんな基準で出会えばいいの?」と思うあなたなら、下記にあげる選曲の基準5つを参考にしてください。

選曲の基準5つの例(ときめく洋楽かも?)

  1. メロディが好きかも
  2. 歌手の声質が好きかも
  3. 歌声の発音が好きかも
  4. 歌詞の内容が好きかも
  5. サウンドが好きかも

※当てはまる項目が多ければ多いほど、リスニングに効果大の勉強法となります。

当たり前だと思われるかも知れませんが、上記は挫折しない勉強法として欠かせない要素ばかりです。

上にあげたのは一例で、その他「アーティストの見た目や雰囲気」など何でもかまいません。

ときめくポイントを数多く見つけられる洋楽選びが上達のカギとなります。(リスニングなのにビジュアル?と不審に思われるかもしれませんが...これも効果を上げる勉強法です)

けれど、自分に合う音楽を見つけ出すのって、わりと手間暇を要しますよね。

ということで、曲探しで消耗したくないあなたのために、使える洋楽の記事を末尾に置いておきました。

必要に応じて後でご活用ください。

勉強法②流し聞きせず真剣リスニング

さて、あなたは既に「ときめくリスニング洋楽」を見つけているとします。

その洋楽ですが、どうでもよく雑に聞き流すことってできますか?

ときめく音楽であれば、メロディにせよ歌詞にせよ、何となく気になり繰り返し聞きたくなりませんか?

時間を作っては再生ボタンを押しつつ、歌詞が難しくて分からないなりにも、どんなことを言っているのか?だんだんと知りたくなるはずです。

なので洋楽リスニングの勉強法として、必ずしも「聞き取りやすいか」「歌詞が簡単であるかどうか」は、じつは最優先事項ではありません。

大切なのは「熱意を持って聞き続けられるかどうか」であって、自分にとって少し難しい曲の方がかえって成長できる場合もあります。

背伸びした分だけ、あなたの英語力は大きく伸びるからです。(ポイントとしては、「自分にとって難し過ぎる曲」ではなく「少し難しい曲」に挑戦することです)

勉強法③聞き取れない歌詞を見つける

ところで、洋楽でリスニングすると聞き取れない歌詞には必ず出会いますよね。

それについては...

  • わたし達は日本語で歌を聞く時でさえ、歌詞が聞き取れないなんて普通に起こり得ます
  • 歌詞の聞き取りというのは、それだけ難しくやり甲斐がある勉強法という意味です

ということで、聞き取れなかった歌詞に対して悲観し過ぎる必要はありません。

歌詞が聞き取れなかった時は、その歌詞としっかり向き合えば良いだけの話です。

聞き取れない歌詞には大抵の場合、知らない単語や言い回し、音変化が含まれており、それに対処する勉強法であればリスニングは必ず伸びます。

また、聞こえない歌詞を聞き取れるようにして、そっくりに発音できたならリスニングのみならず発音練習までも可能です。

まずは、ときめく洋楽で聞こえない状態に陥り、分かりたい気持ちを存分に高めてください。

後で分かった時の喜びと納得感が大きいほど、未知の英語は覚えやすくなります。

勉強法④歌詞を見て語彙と発音を確認

リスニングをする洋楽ですが、分からなかった部分は正式な歌詞を見て、必ず語彙や発音・文法構造を確認します。

聞こえたかどうか答え合わせをしなければ、改善も上達もないですからね。

英語の正式な歌詞は、例えば音楽アプリで見ることができます。

そのほか歌詞と和訳はインターネット上で探すことも可能です。(余力があれば和訳を自分でしても良い。和訳に挑戦したら答あわせも必ずおこなう)

歌詞の意味を理解すれば、リスニング力は一層深まります。

とは言え、歌詞ならではの特質で表現が文学的であったり、文化の違いなどで完全には理解しづらい部分もあるかもしれません。

その際は、完璧な解釈を目指し過ぎず、発音を聞き取れたらよしとします。

100%完璧な解釈をしない勉強法でも、リスニング上達は可能です。

というか、日本語で聞いたとしても完全なる歌詞解釈は不可能ですよね。(アーティストや作品への情熱が特別に強ければ解釈をがんばるのも良い)

勉強法⑤歌詞なしで聞いて歌う(語彙や発音の定着)

英語詞と和訳を確認する勉強法で、楽曲は前よりもリスニングしやすくなると思います。

そこで次は、聞き取れるようになった英語を定着させるための試みが必要です。

覚えたことを放置しておくと短期間で忘れるので。

記憶を長く定着させる勉強法として、聞き取れるようになった洋楽は、繰り返しリスニングすると良いです。

一緒に歌って英語の練習をするのも効果があります。

リスニングに使用した洋楽で、際限なく聞き取りと発音練習を重ねるのが上達の秘訣です。

ときめく音楽であれば、何度聞いても飽きずに続けられます。

もしも万が一飽きたら、別の洋楽にときめいて練習すれば大丈夫です。

その勉強法を繰り返すうちに、リスニングの効果は上がっていきます。

リスニングが上達する洋楽の勉強法【ときめきを絶やさない5つの対策】

洋楽でのリスニングが意味のない勉強法になるのを避けるべく、できることは他にもあります。

ここからは、洋楽リスニングをより充実させるための勉強法ご提案です。

インタビューを見る

ときめく洋楽を見つけて、せっかくならアーティストの会話も聞けたら素敵だと思いませんか?

そんな時はインタビューを見れば、アーティストの話しことばに触れることができます。

勉強法ですが、探し方は簡単です。

アーティスト名(英語つづり) interviewで検索すれば、何かしら見つかります。

好きな人のインタビューならリスニング練習も楽しいです。

始めは絶望的なまでに聞き取れないでしょうが、諦めずに続けることで上達できます。

ときめくアーティストが複数人いる場合、いちばん聞きやすい人から始めると良いですよ。

InstagramやTwitterを見る

インタビューがあまりにも聞き取れず絶望的過ぎるなら、SNSを見る手もあります。

今やどのアーティストもInstagramやTwitter等で発信をしており、英語でちょっとした情報を得ることは簡単です。

SNSのメッセージだと簡潔なものが多く、文字で確認できるためインタビューほど大きな負担にもなりません。

少しずつではありますが、毎日アカウントを見ることで英語を無理なく上達できます。

YouTubeを見る

アーティスト情報で英語を上達したいなら、YouTubeのコメント欄も使えます。

ネイティブスピーカーの言い回しを学ぶ目的だと、オフィシャルMVについているリスナーのコメントが面白いです。

楽曲やアーティストのファンによる書き込みなので、熱く語っているものが多く、長文のコメントも楽しんで読むことができます。

そして気がつかないうちに英語が上達しているという流れです。

あと、自分で書き込みをすれば英作文の練習にもなりますよ。

英語で情報収集する

SNSやYouTubeより難しい勉強法で上達したい時は、英語で情報収集をすると良いです。

文字媒体でインタビューを探すのはもちろんのこと、ビジュアルに注目されているアーティストであれば、ファッションアイコンとしての活躍もあったりします。

例えばレディ・ガガの情報を英語で集めるとします。

その場合はlady gaga interview だけでなく、lady gaga fashionと検索すれば、レディ・ガガのファッションに関連する記事も探せます。

あなたならではの検索ワードで、大好きなアーティストの情報を集めるのが、英語の上達には最も効果的です。

アーティストの公式サイトも英語

楽曲やアーティストについて知りたくなった際は、英語の公式サイトをチェックすれば英文読解でも上達できます。

ディスコグラフィーなど、過去のリリースについて知るにしても、せっかくの機会なので英語で情報収集するのがおすすめです。

(知りたい気持ちを利用して英語上達の機会を増やそう)

この勉強法は、インタビューやSNSが見つからない場合に特に効果的です。

と、こんな感じで、英語って徐々に上達できるのではないですか?

念のため、勉強法を簡単にまとめておきます。

洋楽でリスニング5つの手順

勉強法5つの行動手順とは? なぜその行動をするの? 得られるものは何?
ときめく洋楽を探す(重要) 挫折せず繰り返し聞くため 英語学習の動機づけ
聞き流しではなく真剣に聞く 知りたい気持を高めるため 未知の英語インプット
聞き取れない歌詞を見つける 苦手な部分を自覚するため インプット&課題発見
歌詞を見て語彙と発音を確認 聞き取りの答あわせのため インプット&問題改善
歌詞なしで聞いて歌ってみる 問題を解決し上達するため アウトプット&英語定着

 

下記の勉強法も効果があります

  1. インタビューを見る
  2. TwitterやInstagramを見る
  3. YouTubeのコメントを見る
  4. 英語で情報収集してみる
  5. アーティストの公式サイトを見る

ということで、洋楽による英語リスニングが上達したい人にお伝えします。

敬愛するアーティストの音楽を英語で深く聞けて、おまけに英語で情報収集までできるなんて、音楽を活用する勉強法に意味ないことないです。

そして、失敗を避ける最大のアクションはこれでしたね。

結論:ときめかない洋楽には手を出すな!

以上。

ろっく
ろっく
ときめいてね